陸上の交通は水上の交通に当てはめて考えたらわかりやすい!?

あなたのバイクライフをコーディネートします!
バイクライフコーディネーターの犬村 真です。

先日ふと思ったこと、陸上の交通は水上の交通に当てはめて考えたらわかりやすい!?

水上バイク2


例えばバイクは水の上で例えたら水上バイクですよね。

乗用車はモーターボート。
その中でもスポーツカーはパワーボートで、普通乗用車は釣りなんかができるクルーザー。

自転車はカヤックとかウィンドサーフィン。

2トントラックはさしずめ港で働くタグボートとか小型漁船かな。

4トントラックは遊覧船とか中型漁船。

大型トラックや大型トレーラーは大型タンカー。

大型観光バスは世界中を巡る豪華客船。。。

海の上だと大型船になればなるほど、急には止まれないことは誰でもわかります。
急に曲がれない(針路変更できない)こともわかります。

だから大型船が近くに来たら最新の注意をはらう(と思う)。
大型船の針路上を走ってないかとか、大型船が造る波(引き波っていうんでしょうか)をまともに受けないようにこちらの針路を変える。

陸上でも大型トラックの横を走ると風で吸い寄せられたりしますよね。

ただ、陸上では大型トラックの横をすれすれですり抜けするスクーターやバイクの多いこと。
陸上の大型トラックも急には止まれないし、急には避けられません。
トラックの運ちゃんもこっちのことをわかってる(認識している)とは限らない。

自分との大きさの差が大きくなればなるほど、
バイクと大型トラックなんかが、万一事故をしたときはダメージも大きいと思います。

海の上は水上バイクでもブレーキなんかはついてないので、すぐに止まれないのを前提で走ってるので、それなりに安全を確保しなければいけません。
バイクもすぐには止まれないので水上バイクの間隔を少しでもイメージして、スマートなライディングにつなげてみてはどうかな~
なんて考えた次第であります。

わかりにくいかな~^_^;

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

YSP門真

Author:YSP門真
YSP門真 専務取締役 犬村 真
1964年、大阪府大東市生まれ。
V-MAXから最近BOLT-Rに乗り替えた。
自称バイクライフコーディネーター

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード