バイク人口の高齢化に関して思ふこと。。。

「バイク人口が年々上がってきていて若者のバイク離れが進んでいる。」
という記事があちこちで見られます。
これって一見マイナスイメージですが、それってホンマにマイナス!?
と考える、バイクライフコーディネーターの犬村 真です。

image_201704020017452bc.jpg


幸か不幸か、僕の年齢がだいたいバイク人口の平均年齢でずっと来てるんです。
今の平均年齢は51歳やそうです(日本自動車工業会2015年データ)。
で、50代のバイクユーザーがバイク人口の56%を占めているらしい。

それに比べて若者はますます減ってる。。。
これは一見マイナスイメージですが、果たしてそうなんでしょうか?

若者がバイクに乗らなくなったら10年後、20年後に今の50代の人がバイクに乗れなくなったら、バイク人口が激減するんじゃないかという不安感が湧きますよね。

昔と違って若い人たちの遊びの選択肢は増えている。
車やバイクに乗ってるとステータスという文化もなくなっている。

でも若い人もバイクには乗りたいと思ってる人は多いみたいです。
実際バイクライフを楽しんでる人も多いですし。。
原付スクーターに乗る人が減ってるだけやと思うんです。

若い人たちも今は金銭的にも余裕がないし、他に(お金が)必要なことも多いから乗れないけど、40~50歳代になって余裕ができてきたら、趣味としてのバイクに乗る人が出てくるように思います。

ちょうど今の僕たちの世代で初めてバイクに乗る人がおられるように。。。

だから昔とはバイク人口の構造が根本的に変わってると考えた方がいいと思います。
昔は16歳になったら原付免許を取って原付に乗り、しばらくしたら中型免許を取って中型バイクに乗った。

でも今は若いときにはスクーターやバイクは何も乗らずに、余裕がでてきた歳になってから中型以上のバイクに乗ってバイクライフを楽しむ。

そんなふうに変わってきてて、もう昔の構造には戻らないと思います。
なんでかというと昔にはなかったものがいろいろと出てきてますもんね。
スマホ・ゲーム・昔より便利になった電車の路線網。。。

でもね、
その年(40代以上)でバイクに乗ったら、みなさん豊かなバイクライフを送ろうとするわけですよ。
できるだけ楽しもうとする。

なぜか?
もうあとがないからです。
40~50代になるともうあとがないんです。
特にバイクなんか60歳を過ぎてから初めて乗ろうとしてもなかなか乗れないよなってみなさん考える。
運動神経や反射神経、動体視力なんかが落ちてるからね。
でも40~50代でバイクに乗ると60歳を過ぎてもまだまだ乗れます^^v
バイクに乗るための運動神経や反射神経、動体視力なんかが鍛えられてるから。。

だから40~50代で人生の楽しみであり、贅沢でもあるバイクに乗って人生を謳歌する。
(人生を謳歌するって死語かな!?苦笑)

日本経済の面で考えると、販売台数が減るのでマイナスかもわかりませんが、豊かさで考えるとバイク乗りは昔よりも豊かになってきてると思います。
金銭的なことを言うてる訳じゃないですよ。
バイクに乗ることによって、気持ちの豊かさが増えてるということです。

だから二輪業界の人たちは考え方を変えないとダメです。
(偉そうなことを言ってすいません)

でも、その方が(通勤や仕事でバイクに乗ってる人も含めた)バイク乗りの濃密なバイクライフに携(たずさ)われるんやから、我々バイク屋も幸せになっていくと思います。
それだけその人のバイクを取り巻く人生に深くかかわれるということやから。。。

責任はあるけど、やりがいも増えるわけです。

だからこれからもバイクやバイク業界は捨てたもんやないです。
だってバイクって便利で楽しいもんやからね^^♪
人間の五感を刺激してくれてエキサイティングにしてくれるからね^^♪
いつまでも若い気持ちにさせてくれるからね^^♪


いやぁ~、バイクってほんっとにいいもんですねぇ~^O^





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

YSP門真

Author:YSP門真
YSP門真 専務取締役 犬村 真
1964年、大阪府大東市生まれ。
V-MAXから最近BOLT-Rに乗り替えた。
自称バイクライフコーディネーター

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード