当店の接客方針に関してご理解いただきたいこと・・・

お客さんに対しての接客って永遠の課題で、100%正解ってないと思うんです。
っていきなり本題に入りました。
バイクライフコーディネーターの犬村 真です^^
逆に「これが最高の接客や」なんて極めたようなことを考えた時点で進歩がなく、アカンと思いますしね。




ここで皆さんにご理解いただけるように、当店の接客方針をご説明させていただきます。

基本は「常連のお客さんを大切にする」です。
当店ですでにバイクを買っていただいたり、日頃のメンテナンスを定期的にやらせていただいたりする方ですよね。
頻繁にご来店くださる人も、数カ月に1回しかご来店されない人も、バイク関連で何かあれば当店に来てくださる方は「常連のお客さん」です。
そんな人たちを大切にしたいと思ってます。

なんでかというと、それらの人たちはすでに当店で何十万、何百万、人によっては一千万以上のお金を使っていただいてます。
そんなお客さんを粗末に対応できませんよね?
あたりまえの話です。
ただ、たとえ使ってもらっている金額が低いからといっても、いつもご愛顧いただいている方は、大切にさせていただく気持ちは一緒です。
↑この部分は誤解のないようにお願いしますm(_ _)m


また、当店のお客さんは高額な金額を使ってもらってるお客さんも、「俺はこの店の上得意やから」という感じで偉そうにする方はおられません。
逆に店が忙しそうなら気を使って時間をずらしてくださったり、日にちを変えて下さったりするようなお客さんです。
本当にありがたいことで、感謝ですm(_ _)m

PC1502541_20160912232125696.jpg

修理やメンテで入庫している車両も、代車がご用意できるまで何日も待っていただいてやっと入庫していただいた車両や、作業に何日かかかってご不便をおかけしている方の車両などで、常にスタッフが随時作業させていただいております。
お待ちいただいているお客さんには本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。

そんな常連のお客さんへのご対応や、車両の整備に追われて、ぶらっとご来店いただいたお客さんには十分な接客ができない場合も多いです。
ただ、ぶらっと見に来られただけのお客さんに、ぴったりついていろいろと説明をさせていただくと、かえって迷惑な場合も多いですよね。
そんなお客さん側から見ると、見に来ただけやのに、スタッフがずっと横について話しかけられるとゆっくりと見ることができずにイヤですよね。

そんなことも考えて、ぶらっと見に来られたようなお客さんには、最初のご挨拶だけしてあとは何もお声をかけない時もあります。

常連のお客さんが先に来られているとなおさら先に来られている常連さんを重視させていただいてるので、あとから来たお客さんはほったらかしになってる場合もあります。
スタッフ全員がそんな状況になってる時も多いです。

スタッフの人数に限りがあるので、こういった場合は仕方がありません。
もし御用があるのでしたら、ひと声かけていただければ、たとえすぐに応対ができなくても、手のあいたスタッフから応対させていただくような体制にしています。
ですので、そんなときにはお声をかけてくださいね。

ということで、当店のお客さんへの接客方針、わかっていただけましたでしょうか。
もしご意見がございましたら、当店2階の休憩コーナーに「お客様の声記入用紙」がありますので、そちらにご記入ください。
ご記入いただいたかは満足していただいた内容でも、満足いただけなかった内容でも、抽選でお客様の声大賞で粗品を進呈させていただいてます。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

YSP門真

Author:YSP門真
YSP門真 専務取締役 犬村 真
1964年、大阪府大東市生まれ。
V-MAXから最近BOLT-Rに乗り替えた。
自称バイクライフコーディネーター

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード