バイク屋をするうえで大切にしていること・・・

今SNSでつながっているバイク屋仲間でツイッター内でバイク屋リレーというものをしています。
その時その時でお題を決めて、リレー形式でそれぞれのバイク屋さんスタッフがツイートしていくんですが、今のお題は「バイク屋をするうえで大切にしていること。」なんです。

ツイッターの140文字や画像では言葉が少ないかと思ったので補足説明の意味でこの場で書きますね。

あなたのバイクライフをコーディネートします!
バイクライフコーディネーターの犬村 真です。

お客さんにバイクを買っていただいたときや、メンテナンスをしていただいて、売上が上がったり利益が上がったりするのは、商売をやって、その利益で給料をもらい、生計を立てている限りはうれしいです。

ただ、その時に利益を出すこと以上に大事にしていることは、
何かをするときにそれがそのお客さんにとって本当にメリットのあることなのか。
その時はうれしいとしても、あとで考えた時に値打ちのあることなのか。

例えばカスタム


カスタムでお客さんが望んだことも、そのカスタムがかえって乗りにくくなったり、使いづらくなるようなカスタムだとデメリット部分もお伝えして、カスタムをしないこともあります。
商売っ気がないかもしれませんが、それがお客さんのためだと思ったらそうします。
(もちろんそのカスタムがその方に見合ったのもならば喜んでやらせてもらいます。)
やっぱり同じカスタムをするにしてもお客さんの運転技術や使用用途(通勤がほとんどやツーリングがほとんどの違い等)によってやった方がいい場合とやらない方がいい場合が出てきますもんね。

・・・

それからバイクを買っていただいたときよりも、その後、その方がバイクを乗っていくうえで、できるだけ安全に、楽しく乗れるようにさせていただきたい。
ツーリングで使うバイクはもちろん、通勤のバイクや原付でも、安全に、しかも楽しく乗れたら、毎日が楽しくなりますもんね。
ただ単に足代わりの通勤バイクなんて楽しくない。
楽しんで快適に職場まで行ける、仕事が終わって疲れて帰る時にも、できるだけ安全にお家まで帰れるようにバイクのコンディションを維持したい。

例えば趣味としてのバイク


趣味としてのバイクというと、やっぱりツーリングが多いと思います。
初心者の人もベテランライダーさんもその人のレベルで楽しめるツーリング。
その人のツーリングを楽しむための装備は人それぞれ違って当然ですよね。
初心者の人、ベテランの人、長距離ツーリングをする人、日帰りツーリングがほとんどの人。
同じバイクに乗ってても、それぞれお勧めすることも変わってきます。
このバイクでツーリングをするならこの形!というものはなくて、もっと細分化して考えないとダメですよね。

最近は自分たちでツーリングを楽しむ人も増えてますが、その一方で「ツーリングに行きたいけどどうしたらいいのかわからない。」とか、「仲間がいないので不安」等という方もおられます。
そんな方にツーリングの場を作って参加していただくことも大事だと思います。

11月3日に行ったツーリングの集合写真

今後は超初心者向けツーリング(プチツーリング)等も企画して、初心者の方にも安心して参加でき、運転技術やノウハウを直接アドバイスできるようなイベントもしたいと思ってます。

例えば通勤通学バイク


一言で通勤通学バイクといっても千差万別。
ビッグバイクもあればスクーターもあるし、スクーターも50ccから125cc、250cc以上といろいろ・・・
乗られる方も16歳から上は70歳オーバーの方までおられます。
毎日走る距離も片道2~3キロの人、片道40キロぐらい走る人。
そんないろんな人に合わせてのアドバイスやフォローをさせていただくのも腕の見せ所だし、やりがいもあります。

まとめ

結局何が言いたいかというと、
バイクを買っていただいた時よりも、買っていただいたことをきっかけとして、その後、その方のバイクライフに継続してどれだけ貢献ができるか。そこをこれからも追求したい。
老若男女、原付からビッグバイクまで個々のお客さんのことを考えてお手伝いをさせていただきたい。
そう考えます。
スポンサーサイト

年末までに50cc・125ccスクーターを買うとガチャガチャができる!!

あなたのバイクライフをコーディネートします!
バイクライフコーディネーターの犬村 真です。

今日は歳末セールのご案内です。
12月末までに新車の50cc・125ccスクーターを買うとガチャガチャができますっ!!


・ ・ ・ ・ ・

ガチャガチャってどこにでもある、中におまけみたいなおもちゃが入ってるものですよね。
ガシャポンとかガチャポンとも言うかな。

で、何が得なん??
って思いますよね。

ガチャガチャの中にはクジが入ってまして、それがいいものだとかなりお得なのが入ってます。
どんな内容かと言うと・・・

1.メンテナンスパック1年分
  50ccで通常だと18800円相当の内容です。
  125ccで通常だと22300円相当の内容です。
2.ヘルメット
  プレゼント対象品(通常1万円~13000円ぐらいのもの)
3.バイクカバーEタイプ
  7100円~1万円ぐらいのもの
4.エンジンオイル・ギヤオイル初回無料交換
  5000円相当
5.U字ロック
  4180円相当
6.手作りレザーグッズ
  プライスレス(本革製だから持つほどに手になじんで風合いが出てきます)

こんなものが当たるので喜んでもらえるとは思うんですが、
「自分の気に入ったのが当たらなかった~っ!!」という方も出てくるかと思います。
そんな方はその場でガチャガチャの写真をツイッター・フェイスブック・インスタグラムなどのSNSで投稿してもらうと
再トライできますっ!
そしていい方を選べます!(再トライは一回のみ)

なんか楽しいと思いませんか?
高い買い物は楽しい方がいいじゃないですか!

もちろんご購入後もちゃんと技術を持ったメカニックがあなたのバイクライフを応援します。
整備も任せてください!!

車の任意保険につけるファミリーバイク特約について・・・

原付を買ったお客さんが任意保険に入る時に、ご家族で車に乗っておられる場合、車の任意保険に特約としてつけるファミリーバイク特約(原付バイク特約)ってありますよね!?
この特約の内容をご存じない人も多いので、今日はそのご紹介をば・・・

あなたのバイクライフをコーディネートします!
バイクライフコーディネーターの犬村 真です。


三井住友海上のチラシより

なお、当店はメインの損保会社が三井住友海上ですので、特約の呼び方や定義は三井住友海上を前提としていますので、詳しくはご自分の保険会社に聞いてください。
補償内容等は大体一緒なんですけどね。

まずこの特約の対象になるのは、50cc~125ccの排気量のバイク(スクーター)です。
155ccのマジェスティSやNMAX155、ホンダのPCX150なんかは対象にはなりません。

そして何台所有しても一つの特約で補償されます
だからお父さんが125ccスクーター、お母さんと息子さんと娘さんが原付を1台ずつ持ってるといった場合でもOK!
めっちゃお得でしょ!?

ご家族のどなたが運転されても補償されます
ご家族の定義は、保険会社の説明は専門的な言葉でややこしいので、車の任意保険に入っている保険屋さんで聞いてください。
ちなみに三井住友海上の場合は、記名被保険者の配偶者、「記名被保険者またはその配偶者」の同居の親族及び別居の未婚の子と普通の人には理解しにくい表現になってます(苦笑)

友達から借りた125cc以下のバイクでもOK!

この特約には2種類あります。
ファミリーバイク特約(人身傷害型)⇒自分のケガの補償が充実してるタイプ(保険料は高い)
ファミリーバイク特約(自損・無保険車傷害型)⇒自分のケガの補償は限定されている(保険料が安いので人気がある)

どんな補償がつくかというと、

対人(事故の相手のお怪我の賠償)と対物(事故の相手のモノの賠償)は本契約の車の任意保険の補償と同じ金額が補償されます。つまり車に対人無制限・対物無制限を入ってたら、それと同じ補償が付きます。

そして自分に対する補償ですが、ここは以前は保険会社でもあやふやな見解で、未払いになってた時もあったみたいなんですが、
自損事故や無保険車との事故で自分がけがをした時には一定金額まで補償されます。

自損事故とは、自賠責保険等または政府の保険事業から支払いを受けられない事故(相手がいない事故、歩行者・自転車との事故や相手に過失がない事故など)を言います。
無保険車とは、自賠責保険が切れたままの場合や任意保険に入ってなくて対人賠償保険が契約されていない車等を言います。

FAMIBAI2.jpg
三井住友海上のチラシより

上の表に一番右にあるように、車の保険を人身傷害保険も付けている場合は、ファミリーバイク特約(人身傷害型)を選べば自分の補償がさらに充実します(保険料は当然それなりに高くはなりますが・・)。

まとめ

以前は自分のケガの補償が付いてないように言われていたファミリーバイク特約ですが、限定でもケガの補償がついていて安い保険料の割に補償が充実しているので、おすすめです。
ちなみに21歳未満の若い人が単独で原付(50cc~125cc)の任意保険に入るとしたら初めの1年間は6万円以上の保険料になります。(保険会社や補償内容によって変わります)
ファミリーバイク特約なら1万円未満で入れたりします。
一度行きつけの保険屋さんに聞いてみてくださいね。

こないだ仕立て直しに出していたレザージーンズが出来上がってきました~!

あなたのバイクライフをコーディネートします!
バイクライフコーディネーターの犬村 真です。

10月初めに自分のレザージーンズの仕立て直しをクシタニパフォーマンスストア針テラス店に出していたのが届きました♪
その時のブログはこちら
ちゃんと立派な手提げ袋に入ってきました↓

ここらへんの気遣いも好きです。

ウェストからすそまでかなりスリムにしたんで、大丈夫かなと期待と不安を持ちながら、仕事が終わってから店ではいてみました。
その写真がこれ↓
DSC_0699-1.jpg
上半身に着てるカッターシャツやカーディガンとは合ってませんが(笑)、期待通りのフィット感です!
めっちゃ気に入りました!

仕立て直し代は安くはありませんが、これで前よりも気に入ってはけるので、値打ちあります♪
みなさんも「もう少しここが細ければな~」とか、「だいぶ色褪せてきたから元の色に戻したいな~」とか思ったら仕立て直しや再染色をすると、また気持ちも新たに愛着もわきますよ。
これはお奨めです。

さて、これをはいて行けるように、ツーリングの予定を作らないと・・・(笑)

自己満足のブログにお付き合いいただきましてありがとうございます^^

愛車、BOLTのスパークプラグを交換しました。

あなたのバイクライフをコーディネートします!
バイクライフコーディネーターの犬村 真です。

今月3日にツーリングに行ってきたのはこのブログを見ている方はご承知の通りですが、その前に愛車BOLTのスパークプラグ(以下プラグ)を交換しました。
プラグはプラグメーカーいわく、バイクの場合は3000キロ~5000キロ毎に交換するのを推奨しています。
バイク用のイリジウムプラグもロングライフのものはないため、交換サイクルは同じです。
(車用だと10万キロまでOKというのもありますが・・・)

ということでまずは右側(後シリンダー)から。
右側は画像にあるように、プラグがカバーで隠れています。

ボルト2本をはずしてカバーをはずすとプラグキャップが露出して、プラグが見えます。
DSC_0651.jpg

プラグキャップが見えたからと言って、いきなりプラグレンチでプラグをはずしてはダメなんです。
プラグを少し緩めてから、エアガンでプラグ付近に固着した異物を飛ばします。
プラグ付近には砂や虫などが固着してることが多いです。
いきなりプラグをはずすと、プラグの際に固着している砂などがプラグホールからシリンダー(燃焼室)内に入ってシリンダーを損傷することがあります。
だからこの作業がとっても大事なんです。
DSC_0652.jpg
空冷並列4気筒のエンジンなんかだと前輪が巻き上げた砂がかなり多くここに入ってますよ。
DSC_0653.jpg
右が外したプラグで左が新品のプラグ。
はずしたプラグはあまりくすぶってはないですが、電極の角が少し丸みを帯びています。
電極の角の丸みがひどくなると火花が弱くなり、失火や始動困難の原因になります。

次は左側(前側シリンダー)。
左側はカバーをはずさなくてもプラグが見えます。
DSC_0654.jpg
ここでもエアガンで異物をキチンと吹き飛ばします。
DSC_0655.jpg
そしてはずしたプラグ(右)と新品のプラグ(左)。
DSC_0659.jpg
大したことはないですが、後側のプラグに比べると少しくすぶっています。
このくすぶりがひどい場合は、プラグ発火部に付いたカーボンを伝わって電気がリークし、失火や始動困難を引き起こします。

そしてプラグを着けるときには適正なトルクで締め付けます。
締め付けがゆるければプラグが緩み、圧縮漏れの原因になりますし、締め付けがきつすぎるとシリンダーヘッドのプラグホールのネジ山を損傷(なめて)してしまう危険性があります。

プラグ交換一つとってもそんなに単純なものではないんですね。
プラグを着ける相手がシリンダーヘッドだけにいい加減な知識でやると、高額な修理をしないとダメになることもあります。

ツーリング前にプラグを交換して、気持ちのいいツーリングを楽しめました♪

みなさんも信頼のおけるショップで、きちんとした整備をして楽しいバイクライフを送りましょうね。

若狭フィッシャーマンズワーフ&エンゼルラインツーリングに行ってきました~!

あなたのバイクライフをコーディネートします!
バイクライフコーディネーターの犬村 真です。

11月3日、文化の日。
前々日まで現地の降水確率が50%で半分以上日本海側には行けないなと思ってたところ、前日の朝に天気予報を見たら降水確率がぐんと下がって雨の心配がなくなっており、前々日の夜中に別の場所にしようと考えたのがパーになって、複雑な心境で迎えたツーリング。
2日の夕方5時前に小浜市役所観光協会に電話したら、エンゼルラインは先日の台風21号の影響でまだ通行止めだと言ってたし。。

でも、日本海の海の幸と日本海の雄大な風景は捨てがたく、参加者のメンバーと分かち合いたいと思って、予定通り福井県は小浜をめざして出発すべく午前7時半に名神高速上り線桂川PAに集合しました。

今回は女性ライダー2人を含む総勢15名。

3連休初日と相まって名神高速は渋滞していたにも関わらず、予定通り進んでいきました。
名神高速を京都東ICで下り、国道161号湖西バイパスを北上して、午前9時前には道の駅藤樹の里あどがわに到着。
DSC_0664-1.jpg
DSC_0665-1.jpg
DSC_0666-1.jpg

湖西バイパスの比良山の辺りでは霧に包まれてかなり寒い思いをしましたが、高島市に入るころには青空も見えて気温も上がってきました。

藤樹の里あどがわを出発して、湖西バイパスからR303号に入り、R27号で小浜に。
目的地の若狭フィッシャーマンズワーフには午前10時半頃に到着しました。

ここで2時間の自由行動(12時半に集合)。
昼食後には僕が集合時間に遅れるという痛恨のミスを犯しつつ、
この時にエンゼルラインが開通してるという情報が参加メンバーのAさんから知らされて、エンゼルラインにも行けました。
PB030783-1.jpg
PB030784-1.jpg
PB030785-1.jpg
エンゼルラインはまだ片側通行の箇所や、砂が路面に浮いてるところもあったので、行かれる方は気をつけてくださいね。

エンゼルライン終点の駐車場を13時45分ごろ出発して、R27号からR303号と来た道を戻り、R367号(鯖街道)に入る。
この道も片側通行の箇所が2カ所ほどありましたが、それほど混むこともなく休憩場所の「道の駅 くつき新本陣」に到着。
DSC_0674-1.jpg
DSC_0676-1.jpg
DSC_0677-1.jpg
DSC_0675-1.jpg
木立の中の道の駅はツーリングのバイクでいっぱいでした。

15時にそこを出てR367号を「途中」で左折し、R477号を琵琶湖大橋方面に向かって走ると、ここから渋滞がひどくて解散場所の湖西バイパス真野ICまでなかなかたどり着けない。

仕方がないからその手前で解散し、参加メンバーの人たちはそれぞれのペースで気をつけて帰って戴きました。
R477号は琵琶湖大橋に向かう車で大渋滞。
僕たちは湖西バイパスから名神高速京都東ICに入りましたが、湖西バイパスはかなりの渋滞でした。

名神高速の途中、桂川PAで最後の休憩をして無事に大阪に帰ってきました。
DSC_0678-1.jpg

参加メンバーのみなさんに恵まれて、無事に一日ツーリングができました。
今日はどうもありがとうございました。
また次回もよろしくお願いしますね。

プロフィール

YSP門真

Author:YSP門真
大阪府守口市にあるヤマハディーラー YSP門真のスタッフブログです

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード