普通免許で125㏄に乗れるようになるのん!?

お客さんからよくこんなことを聞かれます。
「四輪の普通免許で125㏄が乗れるようになるのん?」

image_20170527235146d27.jpg

バイクライフコーディネーターの犬村 真です。

これは去年の秋ごろにネット上で、「普通免許で125㏄に乗れるようになる!?」という噂が流れたことが発端です。

お役人がちょっとした免許の規制緩和というか、免許の取得方法の見直しを検討すると言った言葉が拡大解釈されてネット上で広がっていったものと思われます。
この見直しとは教習所の講習時間を減らすとかのことだと思いますが、うわさがうわさを呼んで「普通免許で125㏄が乗れるようになる」となったんだと思います。

でもね、はっきり言って四輪の普通免許で125CCに乗れるようになるなんてことはないですよっ!!
少なくともここ数年ではないです。

だからスクーターを買おうと思ってる人で、この普通免許で125㏄に乗れるようになってから125を買おうと思ってる人は、あきらめて50ccを買うか、125㏄の免許を取ってください。

難しい話が嫌な人は以上で僕のお伝えしたいことはわかっていただけるので、以下は別に読まなくてもいいです。

以下は、あくまで僕の個人的な考えを書かせていただきます。


ホンダとヤマハの原付1種生産・開発での提携

昨年10月にホンダとヤマハが原付1種での開発・生産を協業する旨の記者会見をしました。
50ccスクーターをホンダがヤマハにOEM供給するとか、ビジネススクーターの共同開発やOEM供給。
はたまた電動スクーターの普及に向けた協業。

これは厳しくなる排ガス規制をクリアするための原付の電動化をコストやノウハウ面でできるだけ楽に進めていくためにやむなくやったことかなと思います。

さらに誤解を恐れず言うならば、将来原付1種はすべて電動になる!?

台湾では電動スクーターは充電ではなく、各地につくられたバッテリーステーションにあるバッテリーを自分の車両のバッテリーと交換をして走る環境も整ってます。

日本でも原付1種はこんな風になるんではないかなと推測します。
電動スクーターに乗ってて、バッテリーがなくなってきたら最寄りのバッテリーステーションまで行って、棚に収まっているバッテリーと交換する。そしてまた走っていく。
バッテリーステーションのバッテリーはみんなでシェア(共同使用)するわけです。
そのためには国も巻き込んでのプロジェクトになると思います。

少し前にスズキの鈴木修会長も会見で「バイクは125以上じゃなければ厳しくなる」といったことを言われています。
これはガソリンエンジンは125以上じゃなければ、コストを抑えつつ、規制をクリアできなくなる。という意味ではないかと思います。

スズキ会長のコメントも原付1種ではガソリンエンジンがなくなるということを裏付けているように思います。


警察庁が125㏄の免許を教習所で今よりも取りやすくできるかを検討開始した

現在、教習所で125㏄クラスの免許を取ろうとしたら、短い時間で済むAT限定の免許でも最短3日かかります。
それを2日で取れるようにしたら、週休二日の人が一回の休みで取ることができます。

安全面を確保しつつ、講習時間を減らすことができるかを警察庁が検討を始めたようです。
(でも検討を始めることと、実際にそれを行なうことは別もんですから、考えた結果話がなくなることもあるんですからね。早とちりしないようにね)


僕の予想をまとめると・・・

原付1種は電動になる。
国内3社(ヤマハ・ホンダ・スズキ)が提携して、電動スクーターを造り、全国各地にバッテリーステーションを作って、電動スクーターに乗ってる人は誰でも、どこのメーカーの電動スクーターでも充電済みのバッテリーと交換できるようになる。
原付2種は教習所での講習時間が減って2日間で取れるようになる。

結果的に125㏄の免許を取る人が増える。

何の根拠もないですが、こんな風になるんやないかなと~考えたりしてます。
でも漠然と5年~10年先の話かなと考えてます。

あくまで僕個人の妄想ですからね。
必ずこうなるとは思わないでくださいね。

そして、125の免許を取りたい人は、できるかできないかわからない規制緩和を待たずにいますぐにでも免許を取りに行ってください。
50ccを買おうと思ってる人は、普通免許で125㏄に乗れるかもわからないと考えて買い控えせずに、安心して50ccを買ってください。


今までお国が規制緩和をスピーディーにしたことありますか?
お国がこの手の規制緩和をスピーディにやるのは外圧(外国の圧力)がかかった時だけです。

125以下のバイクではハーレー(アメリカ)もBMWやドカティ(EU諸国)も関係ないので外圧はありません。

スポンサーサイト

YSPサーキットライド in 岡山国際サーキット

行ってきましたーーーーっ!!
岡山は美作にある、岡山国際サーキット。
初心者の方向けのサーキット走行会「YSPサーキットライド 2017」
こんにちは、バイクライフコーディネーターの犬村 真です。

当日は降水確率が結構高く、いつから雨が降るか気になるお天気でした。
朝の5時に店に行って、そこからトラックに乗り、一路岡山へ。。。

阪神・京滋・中国・四国地区のYSPが合同で、岡山国際サーキットを借り切っての走行会。
準備を終えて、お客さんが続々と来られ、関係者によるブリーフィングが始まりました。


みんな真剣。僕もふざけてるわけではありません。

今回は
ツナギを着なくても参加できる、排気量関係なしのクルージングクラス(CRクラス)。
ツナギ着用でフリー走行ありの軽二輪~600CCのミドルスポーツクラス(MSクラス)。
同じくツナギ着用でフリー走行ありの600CC超のビッグスポーツクラス(BSクラス)。
以上の3クラスに分かれて20分を3本(CRクラスは2本)走行していただくものです。

ブリーフィングを終え、早速CRクラスからの走行が始まりました。
DSC_0201.jpg
雨はまだ降ってなくて、先導車がつくので皆さん安心してサーキットの雰囲気を楽しんでもらえたと思います。

次にMSクラス。
DSC_0202.jpg
こちらは先導車は最初の2周で離れ、あとはフリー走行。
皆さん冷静にコースを周回されてました。

お次はBSクラス。
DSC_0209.jpg
やっぱりYZF-R1が多いのでメインストレートを駆け抜けていく姿は迫力そのもの。

パドックにはSNS用のフォトフレームなんかも用意して、楽しい雰囲気を演出。
DSC_0200_201705251553486bd.jpg

皆さん結構活用されてました^^

お昼には協賛各店のご行為で出していただいた豪華景品が当たる抽選会なんかもあって、たっくさんのホントに豪華な景品が皆さんに当たっていました。
DSC_0213.jpg DSC_0212.jpg

ちなみにご協賛各社はPEOさん、エッチングファクトリーさん、HYOD大阪さん、ダンロップさん、ブリヂストンさん、EKチェーンさん、松本エンジニアリングさんでした。
あっ、ヤマハさんもね。

お昼頃から雨が降ってきたにも関わらず、皆さん午後からの走行も楽しんでおられたと思います。
当店のお客さんも次回もあればぜひ参加したいっとおっしゃってました^^

YSPの社長や店長と話をしていて皆さんの口から出てくる言葉は、決まって
「お客さんが楽しんでくれてよかった」
「お客さんが安全に楽しめてよかった」といった言葉でした。

YSPの会議があると、出てくる話題が「YSPでバイクを買ってくださったお客さんにいかに楽しんでもらうか」。
そのことをみんな真剣に考えてます。
これは今回関係したYSPだけじゃなくて、日本全国のYSPの社長や店長をはじめ、スタッフのみんなが考えてることです。
なんでかというとバイク好きなYSPのスタッフは、バイクの楽しさや便利さ、魅力をもっとお客さんに知ってもらいたいから。。。

これからも僕たちはバイクを通してお客さんと楽しんだり、便利になっていただいたり、みなさんのために考えていきたいと思います。

DSC_0219_20170525155402ed8.jpg

みなさんはアクセルをどれぐらい開けてますか?

今回は特にオートマチックのスクーターに乗られている方へのブログです。
スクーターに乗ってる時には必ずアクセルを開けたり、閉じたり(戻したり)しますよね?
無意識のうちに操作をしていて、どれぐらい開けてるか気にしていない人も多いと思います。
アクセルを開ける度合いの呼び方を「アクセル開度」と言います。

アクセル開度は主に1/4や3/8とかの分数で表します。
一般のライダーなら4分割で十分だと思います。
全閉、1/4、2/4、3/4、4/4(全開)という具合です。

あっ、申し遅れましたが、バイクライフコーディネーターの犬村 真です。



ところで皆さん、普段道路を走ってる時には、アクセルはどの程度開けていると思いますか?

50㏄の原付なら発進時から全開にする人も多いかと思います。
僕は普段125㏄のスクーター、グランドフィラーノに乗ってるので、それをもとに話を進めて参りますね。

グランドフィラーノでは平坦路を50キロぐらいで走ってる時のアクセル開度は「1/4」ぐらいです。
(駆動系はノーマルです)
どうですか?
予想よりも少なくありませんか?

ということは、発進時からアクセルを1/4開けてたら50キロまではスピードが出るということです。
実際にはそこそこスピードが出るまではもう少しアクセルは開けますが。。。

ところが、発進時なんかには無意識のうちにアクセル全開にされてる人もおられると思います。
これって加速は少しよくなりますが、そんなに意味はありません。
(俺はいつでもアクセル全開やっ!という人はこの記事を読んでも意味がありませんよ)

あなたのスクーターでも一度試してください。
普段走るコースで、普段走ってるスピードで、どの程度アクセルを開けているかを。。。

それを知ってると無駄にアクセルを開けることがなくなるので、スムーズでスマートな走りができますし、燃費も良くなりますよ^_^v

愛知県豊橋市まで愛車BOLTで「エクスマタイムズ2」というセミナーを受けに行ってきました

いやぁー、楽しみにしていたエクスマセミナー。
どれだけ楽しみやったかというと、寝不足になったらアカンと思って前日(水曜日)の夜、23時半に寝ました。
寝てる時に豊橋駅に降り立って写真を撮ってる夢で目が覚めました。

もう朝方かなと思ったらまだ夜中の2時半。。。^^;
そこからほとんど寝つくことができずに朝を迎えました~~^^;

今回は愛知県の豊橋まで愛車のBOLTで行こうと思ってたので、ツーリング気分の楽しさと、エクスマセミナーを受けられる楽しさの相乗効果でウキウキ気分がマックスになってました。
「いい歳して」と思われるかも知れませんが、いい歳しててもこんなウキウキすることがあった方が絶対にいいですよね♪

バイクライフコーディネーターの犬村 真です^^;

僕が住んでる大阪府大東市から豊橋駅前にある穂の国とよはし芸術劇場PLATまでは片道約220キロ。
ツーリング気分を楽しむなら下道もいれたコースを考えるんですが、当日は向こうでセミナーや懇親会が長時間あるので、行き帰りの道中ではあんまり疲れてはアカンと思い、ほとんど高速道路を走っていきました。

DSC_0089-1_20170520002603b39.jpgDSC_0088-1_201705200026026db.jpg

でもBOLTに乗って高速を走っててもその場所場所の空気の香りとか風景を楽しめるし、休憩したサービスエリアでは遠足の途中でトイレ休憩に観光バスで入ってきた小学校の子どもたちの屈託のない笑顔に癒されたり。。。

「やっぱりバイクで来てよかったな~」と思うことひとしきり。

そしてついたとよはし芸術劇場PLAT。
DSC_0091-1_20170520002605714.jpg
きれいな建物やったんでびっくりしました。

セミナーでは藤村正宏先生をはじめ、短パン社長こと奥ノ谷圭祐氏。
今回のセミナーを企画された松林克法氏(克ちゃん)と澤山哲也氏(てっちゃん)の4名の講師の方のお話を聴いてとっても刺激を受けました。

DSC_0134-1.jpg
短パン社長登壇の図

儲けることを教えてもらったわけではなくて、自分がしてもらってうれしいことをお客さんや身近な人にやってあげる。
相手が仕合せになることによって自分も仕合せになる。
相手の役に立つことをどうやって伝えるか。

そんなことを講師の方々の事例を聴いて勉強してきました。

時間はセミナーが13時から19時過ぎまでみっちり6時間超。
その後懇親会が3時間弱。
合計9時間にも及ぶ楽しい時間。。。

満喫しました^^

すぐにできることから一つ一つやって行くことの大切さ。
その一つ一つの積み重ねが大事だと改めて教えてもらいました。

これからも一つ一つ皆さんのためになることをしていきたいと思います。


懇親会が終わったのが22時過ぎ。
電車ならおそらく大阪まで帰ってこられない時間やったと思います^^;
ここでもバイクで来てよかったーと思いました。
DSC_0167-1.jpg
照明がきれいなPLATをバックに

帰りも東名~伊勢湾岸自動車道~東名阪~新名神~名神~京滋バイパス~第二京阪とひたすら高速走行。
新名神の山の中では革の上下を着ていたにも関わらず、寒さで震えながら走ってました。
そんなことも「なんか若いなー」と思っていやなことではなかったです^^

しかし、新名神の交通量はすごかったです。
夜中の0時を過ぎてるのに大型トラックでいっぱい。
サービスエリアなんかトラックが満車で止められずに右往左往してたぐらい。。。
日本の大動脈も名古屋~大津間は名神よりも新名神にメインの流れが変わったんでしょうね。
新たな発見でした。

そして愛車BOLT君。
往復約440キロを調子よく走ってくれて感謝です。
当たり前のようでいてホンマにありがたいなーと思いました。
途中でトラブルに見舞われたら、全ての計画がパーですもんね。

DSC_0169-1.jpg
BOLTのトリップメーターは約440キロ

これだけ乗っても身体も全然疲れなかったし、お尻も全然痛くならなかった。
シンプルなバイクやけどホンマによくできたバイクやなと改めて好きになりました

楽しみにしていたエクスマセミナー。
楽しみにしていたBOLTでの行き帰り。
気候のいい時期にこんないい経験がいっぺんにできてホントに良かったです^^♪
関係者の方々に改めて感謝の気持ちでいっぱいです。

ありがとうございましたーーーーっ!!

ヤマハ逆輸入モデル(プレスト取扱モデル)全車種に実質年率2.9%自由支払い型ローンが使えるようになりましたっ!!



ヤマハの逆輸入モデル、正規で輸入されるプレストコーポレーションのモデル全車種(新車)に自由支払い型ローン(ネオ・バリアぶるプランα)実質年率2.9%(支払回数120回)が使えるようになりました。

おはこんばんちは、バイクライフコーディネーターの犬村 真です。

プレストコーポレーション(以下プレスト)が逆輸入するヤマハの海外モデル。
YZF-R1やXT1200ZEスーパーテネレ、XV1900CUやXJ6ディバージョン等々。。。

プレストが輸入するモデルは国内モデルと同じように2年間の保証が付きます。
さらにYSPならプラス1年の3年間保証や1年間は距離無制限のレスキューサービスがつくので安心とご好評をいただいています。
プレストモデルならパーツの供給も安心ですしね♪

そんなプレストモデルも大排気量車ならではの高額なモデルも多い。。。

XT1200ZEスーパーテネレ 1,760,400円
2017-XT1200ZE.jpg

XV1900CU   1,738,800円
XV1900CU.jpg
  
YZF-R1     2,268,000円
2017-R1.jpg

(いずれも税込本体価格、諸費用は別途)

余裕をもって現金で買える人はあんまりいてないですよね^^;

これまで当店では120回まで組める自由支払い型ローンで実質年率3.9%を使ってもらってました。
3.9%でも十分に低金利だったんですが、高額なバイクを少しでも楽に買っていただけるように、
この度期間限定で実質年率2.9%の自由支払い型ローンを組んでいただけるようになりました。   



例えばYZF-R1で3.9%と2.9%を比べてみると・・・

ローン取組金額 2,268,000円 120回払い

~実質年率3.9%の場合~
1回目~119回目支払額  22,855円
120回目支払額        22,747円
分割払手数料       474,492円

~実質年率2.9%の場合~
1回目~119回目支払額  21,795円
120回目支払額       20,624円
分割払手数料       346,229円

同じようにローンを組んで分割払手数料の差は128,263円!

この差額だけでいいパーツがカスタムできます^_^♪
いいウェアが買えたりもします^_^♪

中間排気量のXJ6ディバージョンの場合

XJ6S.jpg
税込車両価格 864,000円
この金額を実質年率2.9%120回均等払いで組んでもらったとしたら・・・
1回目~119回目支払額  8,303円
120回目支払額       7,797円
分割払手数料       131,854円 



人気の車種は中古でも結構な金額だったりします。
しかもローンは通常の金利だと実質年率7%~10%ぐらいの場合も多いです。
そうすると中古をローンで買うよりも新車を低金利のローンで買った方が楽になる逆転現象も起きたりします。

かしこく買って楽しく乗りましょう^O^/

当店のローンに関して詳しく知りたい方はこちら
↓ ↓ ↓ ↓
http://ysp819.blog107.fc2.com/blog-entry-571.html

直接ご来店くださればもっと詳しくご説明させていただきますよ^^



5月4日、彦根・長浜ツーリングに行ってきましたー(^o^)

われぇーはうぅーみのぉこぉ~、さすぅーらぁいのぉ~♪(^O^)♪
(琵琶湖周航の歌のつもり)

行ってきましたー。
GW YSP門真ツーリング。彦根・長浜自由行動の旅。
今回はGWの真っただ中でみなさんお家の用事や家族サービスが忙しいということで参加者の方が少なく10台でしたが、それはそれで行動が早くてスムーズに行けました^^


集合場所の第二京阪京田辺PA。
京奈和自動車道とつながってジャンクションができてたので、PAへの入り口が少しわかりづらくなってました。
7時45分に集合したんですが、すでに京滋バイパスは8キロの渋滞でした(汗)

第二京阪、京滋バイパス、名神高速と走り、菩提寺PAで休憩。
IMG_4542-1.jpg

名神高速 竜王インターで下りて田園風景の中をゆったりと走ります。
IMG_4547-1.jpg
日本有数の穀倉地帯とたしか小学校の社会で習った記憶があるんですが、その名の通り一面田んぼだらけ。。。
時期的に田植えの時期で、田んぼには水がはられて、農家の方が田植えにいそしんでおられました。

琵琶湖畔に出て湖岸道路(さざなみ街道)を北上し、一旦彦根を通り越して、「道の駅 近江母の郷」で休憩。
ここで今回の目玉、3時間の自由行動。

僕はMさんに誘われて彦根の「ほっこりや」という比内地鶏を使った親子丼を食べに行きました♪
DSC_0047-1.jpg
彦根キャッスルロードの風景。おしゃれなお店が立ち並んで賑わっています。
この写真ではそうでもないように見えますが、
さすが昔は日本の要衝の土地として信長や秀吉、井伊直政が街並みをつくっただけあって全国から人が集まってきてました。
車も日本にこんなにあるのんか!?というぐらいの混み具合で、お城の周辺では車は動いてませんでした。
こんな時にバイクはスッと駐車場に停められるので(しかも100円)、やっぱりバイクはいいなと再確認した彦根の昼2017。

お店は人気で、30分ほど待ちましたが、メンバーで話をしてたら順番はすぐにきました。
DSC_0049-1.jpg
僕たちが注文したのは「親子丼とラーメンのセット(税抜1800円)」。
親子丼に入ってる比内地鶏は炭火であぶってから卵に絡めてあるので味が引き立てられ、ラーメンはスープがとってもきれいな黄金色をしていて、見た目もよく、あっさりとしたおいしいスープでした。
値打ちのある内容で、おすすめです。

昼ご飯を食べた後、お城を観に行こうとお城に向かって歩き出し、天守閣に近づいたときに「天守閣入場待ち時間90分」の立て看板が。。。
P5040280-1.jpg
時間がなかったのであえなく断念してバイクに乗って、また集合場所の「道の駅 近江母の郷」に戻りました。

他の方は道の駅めぐりをして、地元の食材をいっぱい買われた方や、特にあちこち行動せずにのんびりと過ごした方など、みなさん各々の自由時間を楽しんでおられました。

P5040285-1.jpg
琵琶湖をバックに撮った集合写真。

このあと、湖岸道路、R8、R306、R307と走って、東近江市にある道の駅「あいとうマーガレットステーション」に到着。
今回はここで解散。
DSC_0052-1.jpg
P5040288-1.jpg
P5040299-1.jpg

解散時間も午後3時と早目で、高速道路はまだ混んでなく、高速で帰ったメンバーはスムーズに帰られた模様でした。
僕はといえば、高速で帰るのもちょっと物足りないなと思い、R307を帰ってきましたが、信楽やR163が予想外に混んでいて時間がかかり、ガッツリと走った気分になって夕方の6時半に帰着しました^_^;

みなさん事故やトラブルもなく帰ってこれたので、「終わりよければすべてよし」と楽しいツーリングになりました^^

さーて秋はいつ行こうかな~^o^

今の時期に僕はどんなグローブを使ってるかというと・・・

今日はこれからどんなグローブを買おうかと悩んでるビギナーの方向けの記事です。
バイクライフコーディネーターの犬村 真です。

バイク用のグローブといっても千差万別、いろんなものがありますよね。
革製のもの、化学繊維を使用したもの。
シンプルなもの、プロテクションがいっぱいついてるもの。

僕は革製のものが好きで、今の時期は下の2種類を使いわけています。
革製のものが好きな理由は、使い込むほどに手になじんで、とってもはめ心地がいいからです♪

DSC_0017.jpg

左のものはワイズギアのウォッシャブルグローブ
メーカーサイトはこちら
水洗いしてもやわらかいウォッシャブルレザー(牛革)で、雨の日に使っても風合いが変わらず、手入れが簡単なので普段使いに重宝してます。
実際、僕は今ごろから秋の初めごろの寒くない時期、雨の日の通勤にはレイングローブではなくてこのグローブをはめています。
びよびしょに濡れた後、乾いてもやわらかいままで、色落ちもないです。
もちろん手がグローブの色で染まるということもありません。
シンプルで短いのでBBQなんかのアウトドアでも使えそう。
短いのでブルゾンジャケットの袖の中に入れ込んではめます。

右のものはJRPという香川県にあるバイクグローブ専門メーカーのものです。
JRPのグローブは全て手袋の名産地の香川県で作られています。
メーカーサイトはこちら
これはDRNというグローブで、手の甲側には牛革、手のひら側には鹿革を使ってます。
手の甲の牛革は強度があるので万一の転倒時にしっかりと手の甲を守ってくれます。
手の平の鹿革はしなやかでグリップを握った時の操作性がとってもいいです♪
これは手の甲にプロテクション効果を上げるため衝撃吸収素材を入れてるので、ある程度防寒にも貢献してます。
ミドルの長さなのでブルゾンの袖の上から被せてはめることができ、走行風が袖から入ってくることがありません。

僕は今の時期、この二つをその時の気分や、お天気、気温で考えて使い分けています。
この2種類とも、もう何年も使ってますが、縫製もしっかりしてるので、手になじんでホンマに使い心地がいいです
こんな感じでグローブも何種類かあればその時のシチュエーションで選べるんで楽しいですよ^^

グローブ選びのご参考になればうれしいです^^

プロフィール

YSP門真

Author:YSP門真
YSP門真 専務取締役 犬村 真
1964年、大阪府大東市生まれ。
V-MAXから最近BOLT-Rに乗り替えた。
自称バイクライフコーディネーター

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード