えーっ!!と思うかも知れませんが、生産終了のモデルがたっくさんあります。

昨年の10月にさらに厳しくなった規制(平成28年規制)で各メーカー生産終了モデルが出てきています。
ヤマハでは昨年マジェスティ250やXJR1300が生産終了したのが記憶に新しいですね。

バイクライフコーディネーターの犬村 真です。

平成28年規制と呼ばれる規制は簡単に言えば、
1.排ガス規制の強化
2.ガソリンが蒸発して大気に放出されるものの対策
3.車載式故障診断装置の義務付け



ここ数年はヤマハがたくさんのモデルを投入してきてたので、店内に入りきらないぐらい展示車であふれていたんですが、ここへきてかなりのモデルが生産終了になります。
以下に挙げさせていただきますね。

ドラッグスター400
ドラッグスター400クラシック
WR250R
WR250X
ドラッグスター250
XT250X
マグザム
アクシストリート
VOX
Bw’s50


以上のモデルはどうやら後継モデルの発売予定もなさそうです。
ドラッグスターシリーズは400も250もなくなるので、中型クラスのアメリカンがなくなってしまいます。
WRシリーズも他のメーカーにはない、気合の入った本格的なエンジンが魅力のモデルだっただけに悲しいです。

後継モデルは出そうだけど、一旦生産が終了するモデル

SR400
セロー
トリッカー


以上の3機種は新たな規制をクリアするために鋭意開発中みたいですが、
次期モデルがでる時期はわかりません。
(なんておやじギャグを言っても余計に虚しい・・・(-.-)

SRやセローはヤマハを代表するモデルで、ヤマハとしても意地でも出してくるとは思いますが、もうすぐ始まるABSの必須化や今回の3つの規制をクリアするためにかかるコスト。
色んな装置が付くことにより重量が重くなる。
コストがかかることによる価格の上昇。

普通に考えると今のモデルよりも価格が上がって、重量が重くなると考えられます。

これらのモデルは最長で8月までは生産されるみたいですが、モデルやカラーリングによっては早期になくなってしまうものも出そうです。

免許取ったらドラッグスターに乗りたいな~」とか、
「WRに乗ってオフロードを走りたいな~」とか、
「セローを買ってキャンプに行きたいな~」とか、
漠然と考えてる人は早めに購入計画を立てた方がいいですよ。


今までの経験上、なくなりかけると加速度的になくなる傾向にありますからね。
スポンサーサイト

あなたのバイクライフをサポートしますYO!

以前にフェイスブックでお知らせしていて、最近はお伝えしてなかったので、ご存じない人の方が多いと思うので再度お伝えしようと思います。
バイクライフコーディネーターの僕、犬村 真としては、当店でバイクを購入していただいた方のバイクライフを応援させていただくのをモットーとしています。

以前からバイクやスクーターを手に入れたのはいいけれど、
どうやって乗ったらいいか、
どこにツーリングに行ったらいいか、
わからない人のためにマンツーマンでお教えするということもしています。



ツーリングに行きたくてバイクを買った。

通勤に使うためにスクーターを買った。

125㏄の通勤用のスクーターでツーリングにも行きたい。

でも初心者なのでどうしていいかわからないし、教えてくれる人もいない。。。

こんな時には僕にご相談ください。

木曜日の当店が休みの日で、僕の用事がないときに限りますが、あなたがバイク(スクーター)でやりたいことを一緒にやってお教えさせていただきます。

DSC_9914_2017042123463848a.jpg

ツーリングに行きたい人はあなたのレベルに合ったツーリングの仕方を僕が考えて一緒に行きます。

通勤(通学)に使いたいけど、どうやってどのようなコースを走ったらいいのかわからない人は、コースを考えて注意するポイントも一緒に考えます。

125㏄スクーターでもお散歩ツーリングに行くととっても楽しいんですよ^^
普段通勤にしか使っていない125㏄スクーターが2倍楽しめます^^♪

当店で買ってもらった、あなたの乗ってるバイクやスクーターで、あなたのレベルに合った、「こんなことがしたいっ!」をマンツーマンで一緒にやりましょう!
老若男女どなたでも結構ですよ^O^/

お待たせしました!5月4日ツーリング詳細

5月4日に開催するYSP門真ツーリングに関して、いろいろと考えた結果やっと決まりましたー^^
題して「彦根・長浜 自由行動ツーリング」
昨日スタッフで下見に入って来たけど気持ちよかった~^o^♪

バイクライフコーディネーターの犬村 真です。

まずは今回のツーリングを企画するにあたって考えたことは、
・女性の参加者が増えた
・初心者の参加者にもやさしいコース
・自由行動の時間を多くして、いろんな人のニーズに対応
・GW中で混雑が予想されるので帰りは早めに解散する

集合場所:第二京阪 京田辺パーキングエリア
集合時間:7時45分(8時出発)
目的地:滋賀県米原市 道の駅 近江母の郷
1_20170414000115e61.jpg

目的地から彦根までは約10キロ(15分程度)
長浜までは4キロ(10分程度)です。

大河ドラマ「おんな城主 直虎」ゆかりの地で盛り上がってる彦根城(築城410年)や彦根の城下町を散策するもよし、
9_20170414000141bf3.jpg

長浜に行って、長浜城資料館や黒壁スクエアなんかを見て回るもよし。
10.jpg

はたまた琵琶湖を観ながらのんびりとしたり、琵琶湖に釣り糸を垂れるもよし。。。
3_20170414000119f1b.jpg
2_2017041400011741f.jpg
のんびりしたい人はレジャーシートを持っていくと地面に敷いて気持ちよく昼寝なんかもできちゃうよ^^v
4_201704140001202f2.jpg
道の駅「近江母の郷」敷地内にある公園

解散場所の道の駅「あいとうマーガレットステーション」(滋賀県東近江市)
いろんな施設があってここだけでも遊べます。
お店の一つ、ラプティで売ってるジェラートはボリューム満点!
写真のダブルで340円ですっ!(僕が食べてるのはさくらと菜の花のジェラート♪)
5_20170414000122bfa.jpg7_20170414000138d54.jpg
6_20170414000137839.jpg8_20170414000139504.jpg
解散した後は高速道路でスッと帰るのもよし、下道でのんびりと帰るもよし。
道の駅で遊んでから高速で帰るのもよし。。。
一人で帰るのが不安な人はスタッフと一緒に帰りましょう^_^v


現地での自由行動の時間を多くとった(3時間)ので、行き帰りのコースはシンプルです。
参加される人は現地で何をしたいか考えて、行きたいところ(やりたいこと)を調べといてくださいね~^O^

行程表はこちら↓
行程013


参加される方は当店までご連絡くださいね~^o^
参加される人で、地図のコピーを欲しい人は店にご来店ください。


あっ、ツーリングのきっかけづくりにこんなのもやってます。
500円で参加できるのでこの機会に参加しませんか!?
YSPチャレンジツーリング

バイク人口の高齢化に関して思ふこと。。。

「バイク人口が年々上がってきていて若者のバイク離れが進んでいる。」
という記事があちこちで見られます。
これって一見マイナスイメージですが、それってホンマにマイナス!?
と考える、バイクライフコーディネーターの犬村 真です。

image_201704020017452bc.jpg


幸か不幸か、僕の年齢がだいたいバイク人口の平均年齢でずっと来てるんです。
今の平均年齢は51歳やそうです(日本自動車工業会2015年データ)。
で、50代のバイクユーザーがバイク人口の56%を占めているらしい。

それに比べて若者はますます減ってる。。。
これは一見マイナスイメージですが、果たしてそうなんでしょうか?

若者がバイクに乗らなくなったら10年後、20年後に今の50代の人がバイクに乗れなくなったら、バイク人口が激減するんじゃないかという不安感が湧きますよね。

昔と違って若い人たちの遊びの選択肢は増えている。
車やバイクに乗ってるとステータスという文化もなくなっている。

でも若い人もバイクには乗りたいと思ってる人は多いみたいです。
実際バイクライフを楽しんでる人も多いですし。。
原付スクーターに乗る人が減ってるだけやと思うんです。

若い人たちも今は金銭的にも余裕がないし、他に(お金が)必要なことも多いから乗れないけど、40~50歳代になって余裕ができてきたら、趣味としてのバイクに乗る人が出てくるように思います。

ちょうど今の僕たちの世代で初めてバイクに乗る人がおられるように。。。

だから昔とはバイク人口の構造が根本的に変わってると考えた方がいいと思います。
昔は16歳になったら原付免許を取って原付に乗り、しばらくしたら中型免許を取って中型バイクに乗った。

でも今は若いときにはスクーターやバイクは何も乗らずに、余裕がでてきた歳になってから中型以上のバイクに乗ってバイクライフを楽しむ。

そんなふうに変わってきてて、もう昔の構造には戻らないと思います。
なんでかというと昔にはなかったものがいろいろと出てきてますもんね。
スマホ・ゲーム・昔より便利になった電車の路線網。。。

でもね、
その年(40代以上)でバイクに乗ったら、みなさん豊かなバイクライフを送ろうとするわけですよ。
できるだけ楽しもうとする。

なぜか?
もうあとがないからです。
40~50代になるともうあとがないんです。
特にバイクなんか60歳を過ぎてから初めて乗ろうとしてもなかなか乗れないよなってみなさん考える。
運動神経や反射神経、動体視力なんかが落ちてるからね。
でも40~50代でバイクに乗ると60歳を過ぎてもまだまだ乗れます^^v
バイクに乗るための運動神経や反射神経、動体視力なんかが鍛えられてるから。。

だから40~50代で人生の楽しみであり、贅沢でもあるバイクに乗って人生を謳歌する。
(人生を謳歌するって死語かな!?苦笑)

日本経済の面で考えると、販売台数が減るのでマイナスかもわかりませんが、豊かさで考えるとバイク乗りは昔よりも豊かになってきてると思います。
金銭的なことを言うてる訳じゃないですよ。
バイクに乗ることによって、気持ちの豊かさが増えてるということです。

だから二輪業界の人たちは考え方を変えないとダメです。
(偉そうなことを言ってすいません)

でも、その方が(通勤や仕事でバイクに乗ってる人も含めた)バイク乗りの濃密なバイクライフに携(たずさ)われるんやから、我々バイク屋も幸せになっていくと思います。
それだけその人のバイクを取り巻く人生に深くかかわれるということやから。。。

責任はあるけど、やりがいも増えるわけです。

だからこれからもバイクやバイク業界は捨てたもんやないです。
だってバイクって便利で楽しいもんやからね^^♪
人間の五感を刺激してくれてエキサイティングにしてくれるからね^^♪
いつまでも若い気持ちにさせてくれるからね^^♪


いやぁ~、バイクってほんっとにいいもんですねぇ~^O^





プロフィール

YSP門真

Author:YSP門真
YSP門真 専務取締役 犬村 真
1964年、大阪府大東市生まれ。
V-MAXから最近BOLT-Rに乗り替えた。
自称バイクライフコーディネーター

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード