ヤマハの新型システムヘルメット、「YJ-19 ゼニス」を自分で普段使いに使ってみて・・・ PART2

先日、当ブログで紹介しましたヤマハのシステムヘルメット、YJ-19 ゼニス、サイズはLサイズなんですがほっぺたにもう少し余裕が欲しいっということで、別売りオプションの少し薄めのチークパッド(ほっぺた部分の内装です)を注文していました。

あっ、先日のブログはこちらですからね↓
http://ysp819.blog107.fc2.com/blog-entry-521.html

バイクライフコーディネーターの犬村 真です。

チークパッドはLサイズの標準が27mmなのに対し、緩めのものは22mmで5mm薄い。
DSC_0357.jpg
右が27mmで左が22mm。こうやって見てもわかりませんよね^^;

ちなみにチークパッドの「チーク」とはチークダンスの「チーク」と意味は一緒です。
「チーク」は日本語に訳すと「ほっぺた」という意味で、ほっぺたを寄せ合ってダンスを踊るからチークダンスなんだって。
「ほーほ寄せ合ああってあなたとおどるぅ~♪」っていう唄がありましたよね^^
古い唄ですいません・・・


チークダンスはさておき^^;

22mmのチークパッドに替えた感想はというと、「ほっぺたに余裕ができた。」

ってそのまんまやんっ!

ほっぺたの内側の肉をかみにくくなった。
顔が少しはシュッとして見えるようになった。

そんなところでしょうか。

ただここで問題が、、、

ほっぺた部に少し窮屈感がなくなった分、頭頂部の窮屈感が強調された。
インナーキャップをかぶるから余計に窮屈になる。
頭蓋骨の開いてるところがギュッと閉じられてるような感じ。
えっ?頭蓋骨が開いてるのは赤ちゃんだけって?

そうなんか~。

まぁなんせそんな感覚。

ということで頭頂部のコンフォートライナーという内装パーツもオプションの緩めのものに換えました。
Lサイズの標準が15mmなのに対し、緩めのものは12mm。
DSC_0364.jpg
右が緩めの12mmで左が標準の15mm

これで被り心地がかなりよくなった^^v

内装は2種類のサイズのものが2セットできたので、洗い替えや、インナーキャップを被った時はゆるめの内装、インナーキャップを被らない時はきつめの内装と使い分けしたり、幅が広がりました。

普段使いのヘルメットもこんな風に使うと面白くて新しい発見がありますよ^o^/
スポンサーサイト

YZF-R25/R3オーナーサーキット初心者向け走行会ですっ!

バイクライフコーディネーターの犬村 真です。

YZF-R25やR3に乗っている方で、サーキット走行に興味のある方、チャンスですっ!
初心者の方向けなので革ツナギを持ってなくても大丈夫。
長そで、長ズボン、くるぶしが隠れる靴ならOK!
もちろんプロテクター付や革ジャン、革パンツならなおさらグッド!

10月15日(土)に鈴鹿サーキットの南コース&本コースを走れます。



サーキット初心者の方向けにまずはサーキット走行のルールや走り方の講習を受け、南コースで体験走行会。
これは講師が先頭と最後尾についてペース管理やラインどりをしてくれます。
プロライダーによるデモ走行もあり。

その後、こないだの8耐でヤマハレーシングチームが2連覇を飾った鈴鹿サーキット本コースをパレードラン。

走らなくて見学だけでもOK!
見学は無料です!
見学はどこのメーカーのどんなバイクでもOK!

参加費は2000円(保険料込)
申し込み方法は以下のヤマハのサイトから申し込み
http://www.yamaha-motor.co.jp/mc/event/r3r25/

定員は50名で応募者多数の場合は抽選で決まります。
申込期間は9月19日までです。

こんな機会はめったにないです。
気軽に参加できる初心者向けサーキット走行会。
しかもあの鈴鹿ですっ!

悩んでる人はやりたい証拠。
思い切って申し込んでみましょぉ!

見に行くだけでも楽しいよ^o^/

ヤマハの新型システムヘルメット、「YJ-19 ゼニス」を自分で普段使いに使ってみて・・・

ブログはかなりのご無沙汰でした^^;
バイクライフコーディネーターの犬村 真です。

先日からヤマハの新型システムヘルメット、「YJ-19 ZENITH(ゼニス)」を自分で普段の通勤やら、仕事の用事やらで使ってます。
カラーはゼニスGFのブラック、艶消しブラックにイタリアンなラインが入ってるやつです。
DSC_0347.jpg
これじゃぁわかりにくいですよね^^;
ホントはこんなかっこいいカラーリングです↓
907912339W00.jpg907912339W00_01_02_65s.jpg
デザインは左右非対称のアシンメトリーデザイン

アゴの部分(チンガード)を下げるとフルフェイスみたいになり、安全性や静粛性もフルフェイスに近くなります。
ヘルメット5021
アゴの下からの風の巻き込みがほとんどないので、最近は当たり前になってきたインカムでの通話がしやすいようになってます。

インカムをつけやすいように、スピーカーを収納するスペースを新たに設けてあり、スピーカーをつけると耳が圧迫されるようなこともなくなってます◎
ヘルメット1017

サンバイザーを内蔵しているので、日差しのきついときだけサンバイザーを下ろし、日差しがきつくない時や、夜にはクリアシールドで走る。
その時のシチュエーションに瞬時に合わせることができるから、安全ですよね。
ヘルメット2018
通常ヘルメットのクリアシールドやライトスモークシールドは夏の日差しや日の出・夕暮れ時にはまぶしい場面も多く、かといってスモークシールドは夜間走行時には見えにくい。
僕も過去にはノーマルシールドにサングラスを併用したこともありますが、案外サングラスのフレームが視界をさえぎったり、トンネルに入ると見えなかったり、使いづらいことも多かったです。
このサンバイザーはトンネルに入る時なんかは頭頂部にあるボタンを押すと瞬時に格納されるので、走行中でも一瞬でクリアな視界になります◎

でね、このヘルメットで僕が一番気になって、自分でかぶって確認したかった部分はというと・・・

ベンチレーションなんです。
「ベンチレーションって何?」っていう方もおられるかもわからないので説明しておくと、ヘルメットに空気の取り入れ口と排出口があって、走ると新鮮な空気をヘルメット内部に取り入れ、ヘルメット内の熱気を排出口から外に出す機構です。


これが今までのベンチレーション付ヘルメットは前傾姿勢になった時にベンチレーションの効果があるものがほとんどだったんですが、このYJ-19 ゼニスは前傾じゃないスクーターや、アメリカンのバイクに乗ってても前傾姿勢とほとんど同じベンチレーション効果を確保したんです。
ヘルメット3019
この部分が気に入って、ホントかどうか確認したかったんです。
ちょうど通勤時に使ってたジェットヘルメットが熱かったのもあって即買いした次第です^_^

ちょうど昨日ネットで見たんですが、もちろん帽子の種類にもよりますが、夏場に帽子をかぶると帽子の内部はすぐに亜熱帯の湿度や温度になるらしいです。
ヘルメットならもっと状況は悪いですよね

実際にグランドフィラノに乗って試してみると、、、かなり涼しい~v(^_^)v
止まると涼しくないので早く走りたくなります。
走り出すと、ヘルメットの中で頭頂部にある僕のか細い髪の毛ちゃんがそよそよとなびいて喜んでます^^

あと、このヘルメットには豊富な厚みの内装が用意されていて、自分の頭や顔のサイズに合わせてオプションで変更できる。
僕はほっぺたにもう少し余裕があった方がいいと思った(上の写真を見ていただいたらわかるんですが、ほっぺたがアンパンマン状態^^;)ので、チークパッドの緩めのものを注文しているところです。
替えたらご報告しますね^^/

これだけ充実した内容で、オプションも豊富にあり、金額は税抜26000円~28500円です。
かなりお値打ち価格だと思います。

夏場のライディングは通勤からツーリングまで、頭にインナーキャップ、それからこのYJ-19ゼニスをかぶり、長そでの冷感インナーシャツの上に、クシタニのメッシュジャケットで決まり!!

バイクを買ったけど、どこに走りに行ったらいいのかわからない人へ・・・

バイクライフコーディネーターの犬村 真です。

長年バイク屋をやってきてお客さんで割と多いのが、バイクを買ったはいいけどバイク仲間がいないために、どこに走りに行ったらいいのかわからずに、そのうちバイクは置きっぱなしのほったらかし(放置状態のことです)になってしまい、ほこりだらけのサビだらけになってしまう、というパターン。

こんな時にはどこでもいい、今までにクルマや電車で行ったことのある場所にバイクで出かけるといいです
初めは近いところからとりあえず出かけてみると徐々に慣れてきて、少しずつ遠いところに行けるようになります。

夜に会社まで行ってみるとか
夜に走るというだけで昼とは全然違った風景になるでしょ?
毎日通ってる会社までの道のりがとっても輝いた道のりになったりしますよ



いつも買い物に行ってるお店に行ってみるとか
いつもは電車で行ってる会社の近くのカフェにバイクで行ってみるだけでも全然いつもと違った感覚になれて、新鮮な感じです。

photo2.jpg

どこでもいいから潮の香りを嗅ぎに海に行こうとか
海の方に向かって走ったら海にたどり着けます。
それぐらいおおざっぱな感覚の方がバイクらしくていいじゃないですか。
どんな景色が見れるかは行ってからのお楽しみっていうのもおもしろい。

photo3.jpg


昔、家族でクルマに乗って行ったあの山に行ってみようとか
カーブの多い山道をクルマで走ると苦痛でしかなかったことも、バイクで走ると楽しかったり、木々の香りや鳥のさえずりが聴こえたりして楽しいですよ♪

photo4.jpg

ゆっくりでいいんです。自分のペースで無理なく走った方が楽しいですからね^^
そして視覚、聴覚、嗅覚を研ぎ澄まして感じてみる。
バイクを停めて景色をじっくりと見る。
耳を澄ませて周りの音を聴いてみる。
深呼吸をしてその場の香りを嗅いでみる。

1度経験したら、また前にクルマや電車で行ったことのある他のところに行ってみる。
それを繰り返したらもう大丈夫(^_^)b あなたは立派なバイク乗りです^^


(画像はすべてヤマハのホームページから拝借しました)

人気のSR400 60th限定モデル カスタムコンプリート車「FAT」第2弾が完成しましたっ!

既にメーカーでは受注期間が終了している、SR400のヤマハ創立60周年記念限定モデル
その限定モデルをベースに、そのインターカラーの魅力をより引き出そうと考えたのが当店のカスタムコンプリート車「FAT」でした。

このFATは結構いろんな年齢層の人に人気やったんですよ。
問合せでは常に1番(グーバイクのアクセス数)だったFATの第1弾は構成するカスタムパーツが納期未定のものが出てきてしばらく造るのを休止してましたが、この度仕様をマイナーチェンジして第2弾が完成しましたっ(^O^)


SR400 60th Anniversary FAT2

プロデュースしたのはこいつ、当店スタッフ「MASAMICHI」
IMG_1909_201608052302195e5.jpg
1970年代のアメリカのレースシーンを席巻したイエローのインターカラーのノスタルジックな雰囲気を、さらに現代のセンスを織り交ぜてカスタムしたSRは第1弾同様、ヤングライダー(この言い方もノスタルジックでしょ!?^^)からベテランライダーまで受け入れられると思います。
DSC_0327-1.jpg
フロントタイヤも迫力です
DSC_0326-1.jpg
品質に定評のあるPRUNUSのスリップオンマフラーを採用

SRって400ccの割には軽くて、気が向いたときに気軽に乗っていけるサイズです。
近場をのんびり流しても気持ちいいし、ツーリングでガッツリ走っても気持ちいい。
カスタム好きな人にはどんなふうにでもカスタムできる。
僕も今までに何台か乗っていますが、将来また必ず乗ろうと思ってるバイクの一つです。
(ちなみにもう一台必ず乗りたいのはセローです^^)

SR400の60th限定モデルは当店にあと2台しかありません。
そのうち1台はノーマルで置いておこうと考えてます。
ということはカスタムコンプリートは残り1台のみっ!
興味のある人は無理にとは言いませんが、早めに見に来てくださいね^o^/

たまには営業ネタを・・・でもこの低金利ローンは当店での申込率ほぼ100%を占めるほどお客様にとって都合のいいローンなんですよ(^o^)



なんか営業営業していてすいません。
SNSではできるだけ営業やセールの情報は発信しないようにしてるんですが、このローンはお客さんにとって、かなり都合のいいローンなんです

このローンを知ってるか知らないかで、その人のバイクライフが変わるほどのローンなんで、あえて営業ネタを披露させていただきまっす^^バイクライフコーディネーターの犬村 真です^_^v

バイクライフコーディネーターを名乗っているからには、「バイクの購入をいかにその人の買いやすい方法で買っていただくか」、「いざバイクを買って、いかに楽しいバイクライフを送っていただけるか」ということも、とっても重要なことだとつくづく思います。

今なら低金利キャンペーンをさせていただいてるということも大事ではあるんですが、
あっ、ちなみに上に貼り付けたバナーの対象車が実質年率2.9%で、それ以外のバイクは中古車も含めて3.9%です。

それ以上にこのローンの特長がお客さんにとって、購入後も安心して楽に払っていける内容なんです^_^v

このローンの特長

・120回払いまで組むことができる
・支払の途中で月々の支払額をお客さんの都合に合わせて増やしたり、減らしたりできる
・支払の途中で一部だけ繰上げ返済ができる

これってめっちゃ都合がいいんですよ^^

例えばご家庭を持ってる旦那さんが自分のお小遣いで買う場合

「120回(10年)なんて長すぎるやんっ!」と思わないで、とりあえず120回払いでローンを組んでおいて、ボーナス時や臨時収入が入った時に繰上げ返済をして回数を縮めていく。
(実際、当店でこのローンを組む方で120回払いを選ばれる方は結構おられます。)
120回でローンを組むと、月々の支払額はかなり抑えられるので、お小遣いから返していく場合でも結構楽です。
通常のローンでボーナス月増額ローンを組むと、ボーナス月には最初に決めた金額を必ず返さないとダメですよね?
極端な話、ボーナスが予想より少なかった時にも、最初に決めた金額を返さないとダメです。これはかなりきついですよね~。
このローンだとその時に金額を決められるので、楽に払えます。

例えば大学生の方がバイト代で買う場合

大学生が普段学校に通いながらバイトでかせぐ給料って一部の人を除いてそんなに高くはないと思います。
そして、その給料の中から飲食代、携帯代、友達と遊ぶお金、場合によっちゃぁ家賃や学費も払ってる人もおられるかもしれません。
そんな状況で月々必ず、最初に決めた金額を払わないとダメなローンだと、かなりきつい。
この場合でも最初は120回払いにして学生時代の月々の支払金額は抑えておくんです。
余裕のお金は他の必要なことに回せる。
そして、就職をして社会人になって安定した給料をもらった時に、月々の支払額を上げて、回数を短くする。
ボーナスなんかもらうようになったら繰り上げ返済をしてさらに回数を縮めていく。

この方法だと楽チンだと思いませんか?

月々の支払に余裕があるから、バイクに乗ったり、バイク用品を買ったりする余裕もできる。
バイクに乗ってツーリングに行くとなると、ガソリン代や飲食代でも結構かかりますしね。
こうでなくっちゃ、せっかくバイクを自分のものにしても、豊かなバイクライフとは言えません。

こんな話をバイクを買いに来てくださったお客さんに話をさせていただくんです。
ほとんどの方がこのローンでバイクを買われます。
手元に現金を持ってる人でも、とりあえず現金は急な何かの時のために置いといて、このローンで購入される人もおられます。
25万円以下の少額ローン以外は、100%このローンに申し込まれます。

できるだけ多くの人に豊かなバイクライフを送っていただきたいので、こんなお話をさせていただきました。
もし詳しい話を聞きたいと思った方は当店までご来店ください。
お電話ではなかなか詳しいお話もさせていただきにくいですし、お電話でお話しをするよりも対面でお見積もりなんかもしながらの方が断然わかりやすいです。

プロフィール

YSP門真

Author:YSP門真
YSP門真 専務取締役 犬村 真
1964年、大阪府大東市生まれ。
V-MAXから最近BOLT-Rに乗り替えた。
自称バイクライフコーディネーター

カレンダー

07 | 2016/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード