5月5日予定を空けといてくださいね^^ ツーリングに行きます。

5月3、4、5日の3連休は店は休業させていただきます。
その最終日、5日にツーリングに行こうと思いますんで、参加の方は予定を空けておいてくださいね。


これは去年秋のツーリングの写真です

こういうと次には、「どこに行くの?」って絶対に聞かれるんですが、場所はこれから考えます^^;
西は去年の春に行ったし、東は去年の秋に行った。
となると北か南?
なんて考えてる最中です^^

逆に「こんなところに行きたい」とか「以前ここに行ったけどよかったよ」なんていうのがあれば、どんどん聞かせて下さい^^
このブログにコメントで書き込んでもらってもOKです◎

今回も初心者の人にも易しいように、グループ分けをしようと思います。
ベテランライダーから初心者の方、女性の方も参加を待ってま~す^^

場所は決まり次第お伝えしますね^^/

短いですが今日のブログは以上ですm(__)m

スポンサーサイト

中古車を買うときは注意してください!

バイクや原付を手に入れる方法は何通りかあります。
バイクショップで買う。
友人・知人から譲ってもらう。
インターネットで個人売買みたいな方法で手に入れる。
等々・・・

ただ単に安い金額で手に入れたから得をしたということではない例をご紹介します。
(もちろんこれがすべてではなく、例外はあります)

バイクライフコーディネーターの犬村 真です。


先日、中古の原付を知人から買われたお客さんから、「原付が調子が悪いから見てほしい」と依頼を受けて診ました。
車両は走行距離29000キロぐらい走った2ストスクーター。

エンジンがかからなかったので、まずはスパークプラグを外して見たところ、火花を飛ばす電極の先が欠けてます(黄色の矢印の部分)。


原因として考えられるのは、今までほとんどプラグ交換をしていないか、電極が溶けているか。
電極が溶けていたら溶けた電極の一部が燃焼室内に入ってピストンに穴を開ける可能性が高く、この車両はピストンに穴までは開いていなかったので、前者の今までほとんどプラグを交換していなかった可能性が高そうでした。

プラグを新品に交換したらエンジンはかかりました。

次に走行距離が結構伸びているので、Vベルトやウェイトローラーなどの駆動系はどうだろうと思い、駆動系を開けてみたところ、前側のプーリーの冷却フィンがほとんど折れている状態でした。
DSC_9616.jpg
こんな状態になる原因は、大抵がプーリーを留めているナットが緩んでクランクケース内部でプーリーがあばれ、クランクケース内壁に当たって削れたり、折れたりするというものです。
この車両も例にもれず、そんな状態だったと思います。
このパーツが固定されている部分はクランクシャフトという、エンジンの一番心臓部のパーツで、エンジンがかかっている間高速で回転しています。
ナットが緩んでプーリーがあばれると、このクランクシャフトのネジ部が傷みます。
この車両もネジ山が少なからず損傷していました。
DSC_9617.jpg
少しわかりにくいかも知れませんが、ネジ山を舐めてます

この状態ではナットを正確に締めることができないため、高速で回転するクランクシャフトのためにナットが緩んでくる可能性が高くなります。

この車両はプーリーの冷却フィンの折れた破片はなく、取り除かれていました。
取り除いてから再度組み立てているということです。

要はいい加減な状態で組み立てられているんです。

これを修理するとなるとかなり高額な修理代になります。
この原付のお客さんと相談した結果、修理はしないことになりました。

僕が言いたいことは、こんな状態になっているのは分解してみないとわからないため、買う前にはわからないということです。

ではどうすればいいか。
信用のおけるショップで買う」とか、「購入後の保証がしっかりしているショップ」で買うことが重要になります。
最近では保証なしで安くバイク(原付スクーターも含む)を売っているところも多いですし、ネットオークション等もほとんどがノークレームです。
そういう売り方をしているバイクはこういったリスクがあることを肝に命じて買ってください。

この記事を読んで、「安いバイクを買って失敗した」という人が一人でも少なくなることを祈ります。

大阪モーターサイクルショー2016を振り返って・・・

3月19・20・21日と大阪南港のインテックス大阪で開催された大阪モーターサイクルショー2016に行って参りました。

バイクライフコーディネーターの犬村 真です。

僕が行ったのは20日の日曜日。
毎年YSPの大阪・兵庫支部で出しているブースの当番で一日詰めておりました。

DSC_9634.jpg
こじんまりとしたブースですが内容は濃いYSPブース

YSP大阪兵庫支部では何年も前から出展してるんですが、今までは他のスタッフに出てもらって、自分で行くのはなんと初めて(^^;)

ヤマハブースとの連携プレーでかなり濃い内容なので、行く前から楽しみでした♪
ヤマハブースは来月に発売されるXSR900Resonator 125と、まさかのサプライズのトリシティ155
YSPブースでは全日本ロードレースチャンピオン中須賀選手が去年の鈴鹿8耐を制したYZF-R1と逆輸入モデルのYZF-R1Mを目玉にYSP限定のBOLT-RやYZF-R15、YZ450FMなど話題性の多いモデルを揃えてバッチリ

DSC_9642.jpg DSC_9643.jpg DSC_9641.jpg
DSC_9644.jpgDSC_9645.jpg
R1Mと8耐チャンピオンマシンR1のフロントマスク

この日はヤマハ発動機販売の大浜社長と西日本営業所の竹内所長も来られていて、ヤマハ首脳陣の関心の高さもわかるというもんです。
DSC_9648.jpg
中央が大浜社長で右側が竹内所長

10時の開場とともに一気にヤマハとYSPブースには人だかりが・・・
DSC_9646.jpg DSC_9647.jpg
すんごいパワーです。
二輪業界、捨てたもんじゃないね
ヤマハブースもYSPブースのR1Mにまたがるところでも、一時は長蛇の列ができるほど。
若者のバイク離れとかよく言うけど、まさに老若男女、活気でムンムンでした。


DSC_9650.jpg
手前がYSPキャンギャルのエリちゃん。
エリちゃんがYSPのビニールバッグに入れたパンフを配ると飛ぶようになくなる。

いやぁー華やかでしたね^^

そんな華やかな場所での僕の仕事といえば、エリちゃんが配るパンフをエリちゃんの後ろで補充する役。。。
地味な役。。。
ちょっとはエリちゃんのガードマン的な役割もできてたかな^^;
まっ、いずれにしても地味な役。。。(苦笑)

午後3時半からはトライアルの黒山選手のトークショーもあり、来ていただいた方々を飽きさせない充実した内容でした。
DSC_9654.jpg

・・・・そんなこんなであっという間に終わりの時間。
特に何をしたというわけでもないけど、終わるとやっぱり疲れがでましたね^^;
DSC_9660.jpg
少し疲れの見えるバイクライフコーディネーター

YSP大阪兵庫支部のみんなや、ヤマハのスタッフの皆さんとあいさつをして会場を後にしました。
DSC_9659.jpg

あれだけの熱気と人気があるバイク。
僕らの立場で、バイク乗りの皆さんにやれることはまだまだ多いなと感じた一日でした

帰りの車の中、心地よい疲れに包まれて阪神高速湾岸線から見える夕日はとてもまぶしく、きれいでした・・・
DSC_9661.jpg


以下はフォトギャラリーです。
あんまり撮れなかったんですけどどうぞ・・・


DSC_9637.jpg

DSC_9638.jpgDSC_9658.j<br />pg

DSC_9656.jpg
DSC_9657.jpgDSC_9655.jpg

DSC_9639.jpg













春は出会いと別れの季節・・・


春は出会いと別れの季節・・・

なんかブログやツイッターをしだしてから今までよりも感傷的になりやすくなった、バイクライフコーディネーターの犬村 真です。


画像はヤフー検索より

学生さんは卒業式が行なわれる時期ですが、卒業式が終わるとそれぞれの人が別々の道を歩んでいく。
そんな別れがあったと思ったら、今度は入学式や入社式があって出会いがある。

会社勤めの人は人事異動なんかで部署が変わって今までの同僚と別れ、新たな部署で出会いがある。
転勤しても同じ。

家庭の中でもお子さんが遠くの大学に行くとか、就職で遠くの会社に行くといった理由でしばしの別れがある。

春って哀しくもあり、楽しくもありますよね。


バイク(スクーターも含みます)でも同じです。


春になって環境が変わり、バイクを手放す人がいます。
そうかと思うと環境が変わり、バイクに乗る人がいます。

ここでも別れ出会いがあります。

バイクとオーナーさんとの関係にも色々あります。

通勤・通学・買い物専用や仕事専用の実用車として使うバイク。
趣味やツーリングの手段として使うバイク。
この場合、バイクはオーナーさんの「友人」であったり、「恋人」であったりしますよね。

どんな関係のバイクでも手放されるときはさみしそう。
手に入れた時は嬉しそう。

あちこちに行ったツーリングなどで思い出がいっぱい詰まったバイクを泣く泣く手放される場合も多いです。
そんな時には手放されたオーナーさんの気持ちを大事にしてきちんとメンテナンスをし、次のオーナーとなられる人に大切に乗ってもらえるよう橋渡しをするのが僕たちの使命だと思います。

バイクって単なる移動の手段やツーリングに行くための足ではなくて、こういった「思い」をオーナーと一緒に共有できる、モノを超越した存在のように思います。

こんなことをしっかりと考えながら、これからも、当店をごひいきにして下さる皆さんのバイク人生を手助けさせていただきます。

地元の中学校の卒業式だった日に思うこと・・・

夜の10時ごろにトラックで地元に帰ってきた時に、やたらと自転車に乗った若い子の集団がそこら中を走ってる。
「そうそう、今日はここら辺の中学の卒業式やったんやー」と思い出した。

仕事にはあまり関係ない話題ですが、
バイクライフコーディネーターの犬村 真です。


南中
画像はイメージです

うちの地元(大阪府大東市)の中学では卒業式が終わると、卒業生たちがみんな誘い合わせて近所のグランドとかに集まって、どこに行くともなく話をしたり、うだうだやったり夜までするのが毎年の通例になってます。

この日だけは「悪がき」も「おとなしい子」も、進路が決まってる子も、まだ決まってない子も夜まで大勢でタムロしてる。
「悪がき」は当たり前のように、「おとなしい子」はだいぶん前から家で親御さんに頼み込んで、夜、出させてもらってるんやろうな。

で、自分が持ってる洋服で一番気に入ったものを来て、少し大人になったような気で家から出かけるんやろうな

夜まで(といってもほとんどの子が10時ぐらいで帰るやろうけど)遊ぶことがいいか悪いかは別として、気持ちはわかりますよね。

中学を卒業して、今までよりも自由になり、進学するにせよ、就職するにせよ、次のステップに進む、ちょっとした不安を抱えて、でもそれぞれ希望も持つ。
子どもから青年に変わる甘酸っぱい時期。

なんかいいですよね。

この子らが大人になったときに、希望の持てるような社会にしないとアカンな~
この子らにきっちりとバトンを渡せるように、普段から仕事や日頃の行動もちゃんとせなアカンな~




自転車に乗った子ども達を見て考えてました。



こんなこと考えるようになったら「オッサン」ですかね? (^^;)

これからバイクを買おうと思ってる方、ご注意を・・・

春ですね~
バイクに乗りたくなりますよね~。

これからバイクを買おうと思ってる日本全国にお住まいの方、よーく考えて早めに行動しましょうねっという記事です。
バイクライフコーディネーターの犬村 真です。


今の時期になると、バイクを近々買おうと思って来店されるお客さんが増えてきます。
今日も多かった。

来店される方の多くが、「あったかくなったらバイクを買おうと思って見に来ました」と言われます。
ごもっともです。
今から下見をしてじっくり考えて、3月後半から4月前半になったらバイクを買う。
だいたいそう思っておられると思います。

ここで考えてみてください。

日本全国のバイクを買おうと思ってる人が、同時期にバイクを買おうと思ったらどうなるか・・・



まずは中古車

PC1502541_20160307232234541.jpg
当店2階の中古車コーナー

当店では冬の間に程度のいい中古車を業界のオークションで仕入れたり、お客様から買い取ったりして、できるだけ春の需要期に備えて在庫台数を増やします。

そんな中古車は、手頃な価格の手頃な程度のものから売れていきます。
ここでの「手頃な価格」というのは、ただ安いという意味ではなくて、そのバイクでその程度だったらその価格は割安やんっ!という意味です。
この違いわかってもらえてますか。
一番適当な程度・価格のものから売れていくんです。
だいたいそんなバイクは複数のお客さんが見に来ておられるか、ネットで問い合わせをいただいてます。

だから一日で同じバイクの商談をすることも珍しくないです。
午前中に見積もりをして「検討する」と言って帰られた後に、他の方が来てそのバイクを買われる。
極端なことを言うと1台のバイクの見積もりを同じタイミングで別々のお客さんと商談していることもあります。
これこそ早いもん勝ち状態です。

だから全国的にみんなが行動する前に行動して購入されると、いろんな中古車の中から選べるんです。
それが逆に少し時期が遅れると、適当な中古車は売れてなくなってるので、残ってるものから選ばないとダメなんです。
よく、お客さんは「高い買い物なのでじっくり考えてから買います」と言われます。
もっともな考えなのですが、春は考えている間に他の人に売れてしまう可能性がとっても高い。

あおるようで申し訳ないのですが、考えている間に売れてしまって、後悔する人を何人も見てきてるので。

もちろん当店も、売れたらまた同じようなものを仕入れようと頑張ります。
ただ、春先は業界のオークションでもいいものは出てきにくい。
なぜかって?
春先はどこの店もいい中古車は自分のところで売りますからね。
もしいいものが出てきたら、めちゃくちゃ高くなってしまう。
みんな欲しいから競り上げてしまうわけです。

具体的に言うと、冬場に40万円で店頭に並んでたドラッグスター400と同じ程度のものが、4月には45万円以上してしまうわけです。
逆に考えると、冬場に40万円で店頭に並んでたものと同じ金額で売れるドラッグスター400ならば、程度が落ちます。
相場が上がってる分、同じ金額で仕入れようとすると程度の落ちたものしか仕入れることができません。

そんな状態です。

ほんなら新車はどうなん?

新車に関しては当店はヤマハの専売店なので、基本的にヤマハの車両で考えますね。

xsr900_010.jpg
4月に新発売されるXSR900

新車というのは全車種を毎日造ってるわけではありません。
この時期はAとBとCを生産しよう。
それが終わるとDとEとFを造ろう。
と生産計画を立てて生産していきます。

車種とカラーリング、ABS付モデルとなしのモデル。
それらがすべて計画通りに売れるかというと、そんなことはありません。
計画より売れるモデルやカラーリングが出てきます。
計画より売れるとバックオーダー(欠品)になります。

そうなるとお客さんが考えている時期に乗れなくなります。
実際に今でもそんな車両は出てきてます。
今注文しても5月にしか入らないものが出てきてます。

だからこれも全国の皆さんが行動する前に行動(注文)しないと、ゴールデンウィークに乗れなくなる可能性があるということです。

まだ3月上旬なのにそうなんですよ。
これが3月中旬、下旬となるとさらに状況は厳しくなります。

「どっか在庫のある店で買ったらええわ」
と思ってる人も多いかと思いますが、購入後もメンテナンスや修理がつきもののバイクは、自宅や職場から近いショップで買うのが後々絶対にいいです!

遠いショップで買って、あとで後悔している人を何人もみてますから。


まとめ

中古車にしても新車にしても、みんなが行動する前に行動しましょう。
いつ買うの? 今でしょっ!
(このフレーズ、ちょっと古いかな・・・^^;)
あおるようですけど、本当のことです。
よく考えて、すばやく行動してください。







私ごとで恐縮ですが、先日、中学の同窓会をやりました。



表題の通り、先日、中学の同窓会をやりました。
僕は今51歳なんで、なんとっ!36年ぶりにしたんですよ!
中学を卒業したのが15歳で今が51歳。
似たような数字だけどだいぶん違う。(あたりまえか^^;)


36年も経ってたら当然連絡先なんかも大部分の人がわからない。
だから二の足を踏むんです。
でも今の時代、とってもいい会社があって、同窓会の段取りなどを代行してくれるんです。

名簿作成から招待状の作成・発送、会場の手配、当日の受付や会費の徴収(お釣りの用意まで)、司会進行から写真撮影など、自分たちでやったらかなり手間もかかる事をすべてやってくれる。
お釣りの用意なんか忘れそうやしね。

今回頼んだ業者さんは「同窓会本舗」というところ。
詳しくはこちらをどうぞ⇒ http://www.d-hompo.com/

当日までの打ち合わせはメールと郵送で進めていく。
これはやる前は不安やった部分やけど、進めていくうちに全然不具合は感じなかった。
逆に直接会う手間が省ける分、空いた時間にメールでやり取りして、こまめに連絡を取れる。

会場は大体の場所と予算を「本舗さん」に伝えるとそれに合う会場を探してくれて予約してくれる。

同窓会本舗さんとのやり取りと並行して、何人かに発起人になってもらってフェイスブックのグループを作り、その中でいろいろと話し合いをしていく。
これもよかったな。
フェイスブックがなかったらこんなにスムーズに進んでなかったと思う。
なんせグループ内でいつでも話し合いができるもんね~。
もちろんラインなどの他のSNSでもOKですよ(^^)v

時代の流れやな~。
同窓会本舗という代行業者とフェイスブックがあったからとってもスムーズに「こと」が運んだ。

中学の卒業アルバムに載ってる住所録と、わかる範囲で現住所を調べて代行業者さん(同窓会本舗)に送る。
会場の手配をしてくれて、参加人数の確定は直前までOK。
この人数の確定は直前までOKというところがポイントやと思います。

初めは同窓会の1か月前に一応申し込みの締め切り日を設定したんやけど、その時点で実際に来た人数の半分ぐらいしか集まってなかった。
やっぱりそんな前に仕事や他の用事の都合がつかない人も多いもんね。

最終的には78人集まったんやけど、直前になって仕事の休みが取れたとか、体調がよくなったとか、いろんな理由で参加できるようになった人がかなりいてたもんね。
逆にドタキャンしてもOKなので幹事は気が楽。

基本的に立食形式でブッフェスタイルというのも、柔軟に対応できる一因やったとは思うけど、刻々と変わる人数に関して、会場との調整は同窓会本舗に任せとけるんでとっても楽チン。


専用のホームページや、交流できる掲示板も作ってくれるんで、掲示板でも情報のやり取りが気軽にできたし、間近になって出席できるようになった人も掲示板にそのことを書き込んでくれるだけで出席に変更できる。
これがはがきや電話やと、そんなにリアルタイムに進まへんもんね。



で、同窓会の当日

DSC_9597.jpg
当日の受付の図 後にいる二人の女性が同窓会本舗の担当の人たち。二人とも清楚な感じでとっても好印象でした。

参加するメンバーも初めは半分恐る恐る来るんやけど、すぐにみんなと慣れて、昔の雰囲気にタイムスリップ
同窓会が始まるころにはテンションマックス
「嵐」や「エグザイル」や「AKB48」のライブコンサートに来たファンみたいな気持ちの乗りよう。
それがオーラのように身体中からメラメラと発散してる状態(笑)


すごいパワーでした^^

これが全員51歳の人間かと思うぐらい^_^;

2時間なんてあっという間やったね。

みんな本当に心から楽しそうでした。

ただ、一つだけ後悔と反省点があったんです。
それは話に夢中になって、せっかくの料理を食べてないこと。
大皿に盛られた料理がほとんど減ってない。
今度やるときには料理も残さず食べないとアカンなと思いました。


1次会の2時間じゃあとても話し足らないから、2次会の場を設けていたんやけど、そこに55人も来たもんね
2次会は別の幹事さんが手配してくれたんやけど、ほんとにお疲れさんでした。
1次会が78人で2次会が55人。

圧倒的な同窓会でした。


まとめ

こういった、人生でも貴重な体験の手伝いをしてくれる同窓会本舗さん、いい職業ですね。
プランナーの三好さんという女性の方も、当日の受付から司会進行、写真撮影すべて仕切ってくれた川那辺さんともう一人のスタッフの方(名前を聞くのを忘れた ごめんね)も本当にとってもよくしてくれて、そのこともいい思い出になりました。

参加した人は全員、人生で絶対に忘れられない体験をしたもんね

うちの店も、バイクを買っていただいたお客さんにとって、人生の貴重な体験ができるお手伝いを、今よりもさらに磨きをかけてしたいと心から思った次第です。


<追伸>
この記事を読んで同窓会をしたいなと思った方、偉そうかもわかりませんが僕のわかってる範囲でよければノウハウや注意点をお教えしますよ^^
絶対に楽しいし、やってよかったと思いますよ^_^/

【追記】
この記事を読んだら、なんか僕が一人で段取りをしたみたいですけど、そんなことはなくて、発起人の人たちがいてくれて、それぞれの人が自発的に力を合わせて段取りを進めてやってくれたので、これだけ大成功の同窓会ができたんだと思います。
これを書き忘れてた~(-_-;)
発起人さんたち、その他、段取りや参加者への連絡に奔走してくれた人たち、すいません。
ありがとうね~^^








プロフィール

YSP門真

Author:YSP門真
YSP門真 専務取締役 犬村 真
1964年、大阪府大東市生まれ。
V-MAXから最近BOLT-Rに乗り替えた。
自称バイクライフコーディネーター

カレンダー

02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード