東京ビッグサイトはもっと熱かった!-2015東京モーターショーヤマハブース見聞録-

前日のYSP全国会議(品川グース)に引き続き、東京ビッグサイトで行なわれた、東京モーターショー2015に行ってきました!
一般の方は入れないプレビューデーにもかかわらず、すんごい(汗)
海外のメディア関係者やテレビカメラも多数来ていて、関心の高さがうかがえます。

ここではヤマハブースの出展車と感じたことをご紹介します。




今回の一番の目玉
3輪スポーツバイク MWT-9


P1100731.jpg
トリシティと同じフロント2輪で、MT‐09をベースに仕上げてあります。
P1100730.jpg
トリシティに乗って思ったのは、雨の日や砂が浮いたような滑りやすい路面で2輪車と比べて圧倒的にフロントが安心できること。
しっかりとブレーキングをしてもフロントがロックしたり横滑りを起こしたりする心配が極端に少ない。
(限界点が高いということで、実際には100%ないとは言い切れないですが・・・)

このMWT-9でも雨中のワインディングや、下りのペアピンカーブなどでフロントが滑るのを気にせずにコーナーリングできるので、変な神経を使わなくて済むし、逆にそういったシチュエーションを楽しんだりできると思う。
個人的にはコーナーのツッコミが2輪車では不可能なようなツッコミ方、例えばハードなブレーキングをしたままバイクをリーンさせていき、コーナーリングをするという、新しいコーナーリングの方法を駆使することができると思う。
そういった今までの常識では考えられない乗り方が楽しめるバイクだと思います。


2シータースポーツ・デザインコンセプト
SPORTS RIDE CONCEPT


P1100736.jpg
元気なヤマハを象徴するモデル、元気でないと2輪メーカーが4輪は造れませんよね^^
軽量なカーボンフレームを使い、バイク感覚で乗れる2シータースポーツカーです。
会場におられたヤマハ関係者、YSPの方々が絶賛してました。
限定でも発売されたらたぶんヤマハ関係者だけで売り切れてしまうんではないかというぐらい人気でした◎
発売が待ち遠しいですね。

他にも色々コンセプトモデルが出ていました。
P1100739.jpgP1100737.jpg
P1100753.jpgP1100759.jpg


一通り出展車をみて、ここで疑問が湧いてきた。

元気なヤマハ。来年創立60周年のヤマハ。

だけど今回発売されそうなニューモデルはMWT-9と125ccスクーターのN-MAXぐらい。
(あくまで私見ですし、出るとしても来年出るとは限りません)

何か隠されてるんじゃないか??

60周年記念モデルも出してきてもおかしくないし、今の元気なヤマハなら他にもニューモデルを出してきてもおかしくない。

そんなことを考えると、今回の出展車の裏に隠されたモデルがきっとあると予想します。
(あくまで私の予想なんで外れたらゴメンね^^;)
スポンサーサイト

品川グースは熱かった!

ツイッターインスタグラムでは随時アップしてたのですが、今日は東京、品川駅前にある、品川グースYSPメンバーズの全国会議でした。

あっ、ツイッタ―はこちら⇒https://twitter.com/KadomaYsp
インスタはMAKOTO.I.OSAKA(マコト・ドット・アイ・ドット・オオサカ)で検索してね
フォローをよろしくお願いします。


来年のYSP政策に関する話を聞いて、明日に視察する東京モーターショーの出展モデルの話なんかも聞いて、2年ほど前からニューモデルの発売が元気になってきていて、今後もいろんなモデルを投入するというヤマハの意気込みも聞いて、、、、

いや~、みんな熱かった!

DSC_1416.jpg
一応品川グースの正面玄関入口にて自撮り
(関係ないか^_^;)




後半は部屋を変えて懇親会。

DSC_1424.jpg
冒頭でヤマハ発動機の柳社長のあいさつ。いろいろ話をされてたけど、ラグビーの五郎丸選手や清宮監督(高校野球で甲子園に出た早実の清宮選手のお父さん)の話をされたことしか覚えてない^^;(すいません)
(早実の清宮選手もたまにラグビーの練習なんかを見に来るらしい)

途中、スレンダーなベッピンさんのマジックがあったり、、、
このマジック、なかなか良かったですよ~
あんな本格的なマジックを目の前で見たのは初めてだけど、全然わからないもんですね~

DSC_1426.jpg

ロッシロレンソ中須賀選手のサイン入りグッズが当たる抽選会があったり、、、
(絶対に当たると思ってた私は結局何も当たらなかった・・・ -_-;)

色々と熱い演出をしてもらって楽しく、有意義な時間を過ごしたんですが、
私が一番うれしかったのは
このツーショット写真っ!
DSC_1430.jpg

えっ?誰かって?

この人はヤマハの社員さんで、ビーノのカラーリングをデザインしている女性チームの一人
(名前聞くのを忘れたけど・・・)
今のセンスのいいビーノのデザインはこの人たちが考えているんです

img_ph_01.jpg
ヤマハのホームページより

「またこれからもおしゃれなカラーリングを考えてね~。なんならうちの店にも遊びに来てね~。」と言ってお別れしました



そんなこんなで熱い一日が終わり、いよいよ明日は午後2時半から東京ビッグサイトにて東京モーターショーの視察です
(午前中時間があるのでスカイツリーなんぞも見に行く予定ですが・・・^^;)
また熱~い情報をお届けしますね~^o^/

YZF-R3が奇跡的に入ってきました!

IMG_1481.jpg

年内の入荷が難しいYZF-R3ですが、白/赤が1台入ってきました!

今の情報では年内入荷は難しく、年明け次のモデルもいつに出るかは未定。
これは予測ですが、当然モデルチェンジはなく、カラーチェンジぐらいでしょう。

IMG_1482.jpg

車検はありますが、新車なら最初の車検は3年後で自賠責保険や点検料を入れてもそんなには高くありません(当店の場合で基本的にはざっと5.5万円ぐらい)。
自賠責保険や定期点検は250ccでも必要ですしね^^

IMG_1483.jpg

YZF-R3はR25に比べて中低速のトルクが太いので、低中回転で乗る、いわゆるビッグバイク乗りもできます。
それでいて高回転まで回すとR25よりも太いトルクとパワーで気持ちいい加速をしてくれます。
そのような理由でビッグバイクに乗っていた方はR25よりR3を選ばれる傾向が強いです。
「ビッグバイクでは一般道ではなかなか高回転まで回せない」かといって「250ccでは少し非力」と思っている方にはこれ!

当店ではR25/R3の試乗車はすでにありませんが、MT-25とMT-03の試乗車をご用意しています。
エンジンやフレームはYZF-R25/R3と同じなので、MT-25/03で違いを体験してから検討もできますよ^^

IMG_1484.jpg


《試乗は1回500円の手数料をいただきますが、ご成約の場合は返金させていただきます》
スタッフが先導して、大体5キロ弱の距離を走ります。
コースは当店からR163を中央環状線に出て南下し、花博通りの手前でUターンして戻ってくるコースです。中環を通るので60キロ+α程度のスピードは出ます。
雨天時や日没後は試乗できません。
ヘルメットやライディングに必要な装備はご自分でご用意していただく形です。






マジェスティSの60周年記念モデルが入荷しました!



ヤマハ発動機創立60周年を記念して、マジェスティSにスピードブロックのインターカラーをまとった限定モデルが発売されました。

インターカラーとは何ぞや?と疑問に思った方はこちらをご覧ください。
    ↓     ↓     ↓    ↓
http://www.yamaha-motor.co.jp/mc/blog/2014/11/20141127-001.html

いや~いいですね~^^

1980年代にアメリカのサーキットを縦横無尽に走り回ったインターカラーはもちろんですが
IMG_1468.jpgIMG_1470.jpg

僕が個人的に気に入ったのはここ↓

IMG_1464.jpg
シャンパンゴールドの前後ホイール

この色は今年のYZF‐R1Mのブレーキキャリパーに使っている色とおんなじ!
DSC_0279-1.jpg
R1Mのエッセンスが入ってます◎
今のヤマハはこういったところにおしゃれな隠し味を入れておくのがうまいですよね^^

こんなことをわかってるとこの限定マジェスティS、とっても値打ちありますよねぇ~

1970年代から1980年代のアメリカのレースシーンを席巻したカラーリングをまとい、R1Mのエッセンスまでが入った60th AnniversaryのマジェスティS
ビッグバイクに乗っている人のセカンドバイクとして、ビッグバイクには乗れないけれど、往年のUSヤマハのレースにかける思いやヤマハの60周年にかける思いを感じたい方、特別なマジェスティSはいいですよ^o^/



自分用にグランドフィラノ125をセットアップしました!

いやーとうとう自分用に125ccかわいい系スクーター、グランドフィラノ(グラシィVZ4コーティング)をセットアップしました(笑顔)

以下にはセットアップした時の様子と、奈良までシェイクダウンで走った時の感想をご紹介しています。



なかなか国内に入ってこない中で、自分用に貴重な一台を使ってしまっていいものかと、ずっと悩んでいたんですが、日本ではほとんど知られていないレアな存在のグランドフィラノを皆さんにもっと知ってもらうには自分で通勤や日常の足に乗ってみて、いいところも悪いところも知り、メンテナンスの情報やノウハウも蓄えた方が当店でグランドフィラノを買って下さる皆さんのためと思い、あえて一台使いました。

もともとパールホワイトとアイボリーが1台づつしか入ってこなかったので、今のところみなさんにお売りできるのはアイボリーの1台のみとなっています。
DSC_1405.jpg

現在輸入業者のアトラスさんと調整中ですので、入荷の情報が入りましたらお知らせしますね。
担当の中島君、頑張ってね~^o^/~

ちなみにアトラスさんのホームページはこちら

以下にはMYグランドフィラノをセットアップした画像をご紹介します。

DSC_1378.jpg
バッテリーはシート下のカバーを開けたところにあります。
あっ、このメットインスペース、ジェットヘルとレインウェアぐらいは軽々と入ります。

DSC_1380.jpg
タイヤの規定空気圧はご覧のとおり。

バッテリーを充電している間に、オプションのリアキャリアを取り付けるべく、カバーをはずしていきます。
DSC_1385.jpg

もともとついていたグラブバーをはずし、そこにリアキャリアを装着します。
DSC_1386.jpg

DSC_1387.jpgDSC_1388.jpg
リアキャリア装着完了。
荷物台は格納式で上が格納したところで、下が出した(おろした)ところ。
なかなかおしゃれでしょ!?

DSC_1390.jpg
後から見たところ。レトロ感をさらに引き立ててくれます◎

充電したバッテリーをつけてキーをオンにすると、シート内部のメットインスペースに照明が点灯します。
しかもLED照明で高級感があります◎◎
DSC_1397.jpg

DSC_1398.jpg
ヘッドライトの下にはLEDのポジションランプ。
これも高級感があります

DSC_1399.jpgDSC_1400.jpg
上の画像が通常走行時のテールランプで下の画像がブレーキをかけた時の状態。

DSC_1402.jpg
メーターはこんなふうに光ります。
スマホで撮った画像なので、液晶のマルチファンクションメーターがうまく写ってなくてすいません(汗)
マルチファンクションメーターにはフュエルメーター(ガソリン残量計)、時計、オドメーター&トリップメーター&燃費計(切り替え式)、燃料消費の状態がバーグラフで分かる機能もついて、なかなかの充実度です。

画像にはないですが、キーにもボタンがついていて、メインスイッチのキーシャッターを閉めている時にキーのボタンを長押しすると、リモコンでキーシャッターが開き、かぎ穴にパープルのLED照明が点きます。
これも高級感の演出で気に入ったところです。



セットアップをしたのは店の営業が終わるころだったので、店が終わってからシェイクダウンで奈良まで走り出しました。
初めて走った感想としては、まずはとにかく軽いっ!
同じ125ccのスクーターと比べて取り回しやサイドスタンドからの引き起こしが全然ちがうっ!
これは女性の方にはとっても強い味方になること間違いなしっ!
日常の足として使うことの多い125ccスクーターだから軽いのと重いのとは日々の負担が全然違ってきます◎

軽くて静かだから夜の住宅街や、静かな田舎道でも気兼ねなく走れて、どこでもいけます。

実際、奈良に行った時には道に迷って、車が通れないほどの住宅地の細い道等をかなり走ってしまいました(汗)
でもそれが却って楽しい♪
道に迷ったあげく、こんなところに出て思わぬ感動。
DSC_1406.jpg
平城京の朱雀門に裏側から遭遇

メーターに表示される燃費は50KM/Lぐらい。
これがどの程度の信ぴょう性があるのか、これからどんどん普段使いしてみていきたいと思います。

またその都度このブログで紹介させてもらいますね^^

自分で乗っているパールホワイトのグランドフィラノも用事で乗って出ているとき以外は店に展示しています。
実物を見たい方や、グラシィVZ4コーティングの良さ、購入を考えているが試乗したい方はお気軽にご来店ください。

(試乗に関しては真剣に購入を考えている方向けにしております。試乗時には500円をいただきますが、購入された場合は返金させていただきますのでご了承ください。)

もうすぐ東京モーターショー!

いよいよ来週の30日から東京ビッグサイトで第44回東京モーターショーが始まりますね^^

l2_header_bg01.jpg
東京モーターショーホームページより

私も28日(水)から東京に行き、29日(木)のプレビューデーの日に見てきます
28日から行くのは別に遊びに行くのではなく、YSPの全国会議に出席するために行くんですよ^^

YSP全国会議とは、全国のYSPの社長・店長が集まり、ヤマハのえらいさん方も臨席して、翌年のYSP政策などの話をする場です。
翌日がモーターショーとあって新商品なんかの「ないしょの話」があるかも知れません^^;

今から楽しみですね~

ヤマハのホームページに東京モーターショースペシャルサイトなんかができていて、そこにはなんと4輪車の画像もあったりして、最近のヤマハの元気度が見て取れます◎

YSPでも4輪車を売らないとダメな時代になる!?

まぁなんにせよネタが豊富なのはいいことですよね。
(ほんの数年前まではほんとにネタがなかったからねぇ^^;)

行く前からあれこれ言ってても仕方ないので、来週、東京で「いいものを見たり」「いいことを聞いたり」してから皆さんにお知らせしますね^o^/

楽しみに待っててね~♪


YSPメンバーズのホームページの店長コメントを考えていて・・・

cmn_hdLogo_YSP.jpg

来年度からリニューアルされるYSPメンバーズ(全国のYSP合同)でのホームページの店長コメントを考えていて、「これは普段、うちの店が考えていることを凝縮した文章やな」と思ったので、YSPメンバーズのホームページに掲載されるよりもいち早くこのブログで紹介させていただきます。

言葉が足らなかったり、表現が下手な部分があるかもしれませんが、基本的には「価格ではなく、購入後につきもののメンテナンスや修理をきちんとしてくれたり、お客様のことを本当に考えたアドバイスをしてくれる店を選ぼう。そして当店(や当店のスタッフ、当店の考え方)を気に入って買いに来てくれたお客様に対して、私たちは誠心誠意対応させていただきます。」ということを書いています。

以下にそのコメントを紹介します。


「情報が氾濫している今、バイクに関する本物のサービスを届けたい」

インターネットや雑誌等ではバイクに関する様々な情報が氾濫しています。
1台のバイクの価格にしても安いところもあれば高いところもあります。任意保険にしても安い損保会社もあれば、高い損保会社もあります。修理やメンテナンスにしてもそう。
安いところはなぜ安いのか、高いところはなぜ高いのか、そこには必ず理由があります。
(中には意味もなく高いところがあるかもしれませんが・・・)
安いところで買ったり、修理したりするのが一番いいとは限りません。
(安くて、技術もあり、信頼のおける店ならそこがベストですが・・)
当店にはかなりの頻度で「他店で買ったがちゃんとしたところで整備してほしい」、「他店で修理やメンテナンスをしたが、調子がいまいち」とバイクを持ち込まれるケースがあります。
バイクにはメンテナンスがつきものです。日用品や家電製品みたいに「買ったら終わり」ではありません。「買ってからがそのお店とのつきあいの始まり」なのです。

一方で、あなたがバイクに乗る理由は様々です。
通勤・通学・趣味・ビジネス、またそれらのいくつかが重複して、色んなバイクの使い方がありますが、当店では、はたしてどんなバイクがそのあなたに合ったものなのか、どんな支払方法があなたにとって最適で負担が少なく支払えるのか、ヘルメットはどんな形のものが最適なのか、バイクに関する一つ一つの課題をあなたとのコミュニケーションでクリアにしていき、もちろんあなたの希望も聞いた上で、あなたに最善の「いい買い物」をしていただきます。「買ってよかった」と思っていただきます。
あなたにとっていいと思うものは売りつけますが、買っても意味のないものは売りつけません。ここは「商売」ではなく、「一(いち)バイク乗り」の気持ちで接します。

買うときも、買った後も、あなたのバイクライフを、あなたにベストなように、もっとも安全で安心して乗れるようにコーディネートさせて戴きます。

ただ単に安いところで買うという方は安売り店で買ってください。
「バイクに末永く、大事に乗りたい」、「バイクを常に安全な状態に保ち、安心して乗りたい」と思っている方は、ぜひご来店いただき、ご相談下さい。
スタッフ一同お待ちしております。

なんか小難しいことを長々と書きましたが、バイクを買って、その後バイクショップと付き合いしていくためには、いろんな角度から考えて判断していただきたかったので、敢えて書かせていただきました。実際には当店のスタッフはそんなに小難しいものはいません^^
何でもお気軽に相談してくださいね^o^/
当店のブログやフェイスブックツイッターでも随時情報発信していますので、「YSP門真ってどんな店なんかな?」とか、「YSP門真にはどんなスタッフがいるのかな?」とか疑問に思った方はぜひ見に来てくださいね^^




決して安売り店を否定しているわけではありません。
価格が最安で、サービスや接客応対もよく、整備の技術もあり、購入後もお客様のことを一番に考えているショップがあれば、そこがベストのショップです。

洋服屋さんに例えるなら、価格・商品・接客がすべて行き届いたユ〇クロがいいと思う方もおられるでしょうし、規模は小さいがスタッフが自分の服の好みを把握していて、気に入った洋服をコーディネートしてくれるアパレルショップがいいと思う方もおられるでしょう。
要はお客様がどの部分を優先するかということです。

ただ、洋服とバイクでは大きな違いがあります。
バイクはあなたの命を乗せて走るということです。
この部分をお忘れなく・・・

この二つが重なると・・・重大なことに!



最近道路をバイクや車で走っていてよく思うこと。
前の車が車線からスーッとずれていく。
わかりますか?
文章で書くとわかりづらいかもしれませんが、普通に走っているのに、脇見をしているのかして、車線からスーッとはみ出る。
少しはみ出て、またあわてて元の車線に戻るが、しばらくしてまたスーッと車線からはみ出る

恥ずかしながら自分でも経験がありますが、車で運転をしながらオーディオのボタンを押したり、ナビを操作したりしているとき、前方から視線を離したすきにそんな動きになる。

オーディオやナビの操作だとその時だけで終わるが、これが携帯やスマホでメールやゲームをしたり、漫画雑誌を読みながら運転しているとなると、その動きがずっと続きます。
昨日道路を走行中にも前の車が一定の間隔で車線から外れていました。

surinuke.jpg

かたや
バイクの走り方に関して、以前にも書きましたが無茶なすり抜けをするバイクが多い。
自分もすり抜けはしますが、車の動きや、すり抜ける隙間の間隔、すり抜けしたら車のドライバーがびっくりしないかを十分考えてすり抜けます。
そんなことはお構いなしに(少なくとも自分にはそう見えます)ビュンビュンすり抜けしていく。
これだけでもかなり危険ではた迷惑ですよね。


そして、上記の車とバイクが遭遇するとどうなるか?

これはもう接触事故ですよね。

車の中でテレビやナビ、スマホが普及している現在ではこういった状況はかなり高い確率で起こります。
すり抜け時の接触事故は相手が大型トラックだと車輪に巻き込まれたりして重大事故になりかねません。
そんなことも考えながらすり抜けはしましょうね。

ずっときれいに乗ってもらいたいから・・・「グランドフィラノ・グラシィVZ4コーティング」展示中!

当ブログにて何度か紹介させていただいている、125ccかわいい系スクーター「グランド フィラノ(Grand Filano)」

当店はまだこのブログだけでしか情報を発信していないにも関わらず、結構なお問合せをいただいており、お客さんの関心の高さに感心しております(なんちゃって ^_^;)


・・・いやいや、しょうもない冗談を言うてる場合とちゃう。まじめに行こっ!

そんな人気のグラフィラ(グランド フィラノ)ですが、
当店のコンセプトは「グラフィラにはずっとかわいく、おしゃれに乗ってもらいたい」

ということで、

当店ではすべてのグラフィラにバイクコーティングでは老舗中の老舗、
株式会社グラシィのVZ4コーティングを施して販売しますっ!

そして、
「グラフィラ」限定で洗車サービスをセットでお安く販売しますっ!

これであなたもおしゃれなスクーター、「グラフィラ」にずっときれいに乗れますっ!
おしゃれな洋服を着て、おしゃれなお化粧をして、おしゃれなバッグを持って、おしゃれできれいな「グラフィラ」に乗れますっ!


株式会社グラシィとはどんな会社か説明しておくと、

代表取締役 新谷 憲一氏
学生時代にカーデザイナーを目指し、自動車デザインを専攻。その後ホンダウイングプロス店に就職、2輪の販売・整備をする。その後、コーティング業界に入り、主に外車ディーラーでコーティングを施工する。が、さらに『コーティング』を追求する為に平成9年に独立。
現在もコーティングを追及し、2ヶ月に1つは何かが改良されている。
デザイナーの視点と整備士の視点でモーターショーのショーカー等も施工、他社とは違う仕上がりに。
平成9年より、お客様からの要望で業界初のバイクコーティングも始める。
2輪4輪ともにレース活動をしていたが、現在は走行会等のイベントスタッフとして鈴鹿サーキットや岡山国際サーキットを走る。
(株式会社グラシィホームページより抜粋)


といった、モーターショーのショーカ―も手掛けるような、一級の腕前を持つ、この道18年のベテラン職人です。

そんな新谷さんがマスキングから始まって、
coating-1.jpg

バフがけ(ポリッシュ)
coating-2.jpg

コーティング~拭き上げをして完了
coating-3.jpgcoating-4.jpg

塗装面とそうでない箇所ではコーティング液も変えるというこだわりよう。
施工開始から終了までみっちり3時間。
プロの職人が3時間かけて仕上げた作品です。

VZ4コーティングとは、卓越した防汚性能、耐シミ性、撥水性、膜厚感、艶のレベル、全てにおいて高次元でバランスしているコーティングです。これを熟練のプロが施工することによって、素人が市販のコーティング剤を塗るのとは次元の違う仕上がりと耐久性になります。(施工金額《通常だと4~5万円》もかなりのものです)

これでそんじょそこらにあるバイクと、あなたが乗るグラフィラは、完全にBE・TSU・MO・NO(別物)になります。
こんな魂のこもったおしゃれなスクーター「グラフィラ」

そしてこの魂のこもったコーティングを維持するための洗車サービス

おしゃれなスクーターをいつまでも大切に乗りたい方のための特別なサービスです。

コーティングの施工前と施工後の状態を、霧吹きで水をかけた動画をご覧ください。
まずはコーティング施工前
[広告] VPS


次にコーティング施工後
[広告] VPS


今度はフロントフェンダーに水をかけて、コーティング前
[広告] VPS


同じくフロントフェンダーでコーティング後
[広告] VPS


あまりいい画質ではありませんが、違いは伝わったと思います。
明らかに施工後の方が水をはじいて落とします。

これで汚れや水あかが極端につきにくくなります。

当店にご来店していただければ、実演しますよ^^

50歳を越えて考えること・・・



先日フェイスブックにも書き込みましたが、最近、自分の加齢とともに考えること

若いときはバイクに乗るときには、「いかにバイクの能力を引き出して走るか」とか、「いかにコーナーを早く駆け抜けるか」とかばかり考えて乗ってました。
けれど、年齢を重ねるごとに、身体能力(運動神経・反射神経・動体視力など)が衰えてきます
それをわからずに(わかってても知らないふりをしたり、強情に若いときと同じように)スピードを出して走ると事故や転倒の危険性が一気に上がります

実際、40代以上のベテランライダーの事故は重大事故が多く、問題視されてますよね。

bolt-wallpaper07.jpg

美術館に行って絵画や彫刻を鑑賞するように、ツーリング時の景色を楽しんだり、コンサートホールやライブハウスに行って音楽鑑賞をするように、バイクの鼓動を感じて走ったり、そんな楽しみ方もいいなと思うようになった。

こんな乗り方はすでにしている人もいると思います。
「そんなこと今ごろ言うてるノン!?」
ツッコミを入れられそうやけど、年齢と共にそんなことも考えつつ、バイクを選び、
上手にバイクライフを送っていくと、「これからの人生も末永くバイクと付き合うことができるよな」と考えるようになりました。

これって「老い」ではなく、「進歩」ですよね!?^_^;

今日から3連休です。
気候のいい時期なので出かけられる人も多いと思います。
事故にはくれぐれも気をつけて楽しんでください。

プロフィール

YSP門真

Author:YSP門真
YSP門真 専務取締役 犬村 真
1964年、大阪府大東市生まれ。
V-MAXから最近BOLT-Rに乗り替えた。
自称バイクライフコーディネーター

カレンダー

09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード