自転車を取り巻く保険・補償

おはよううございます。

最近、自転車の事故が私の身近なところでも起こっています。
なんか6月に自転車の規制が厳しくなってから多くなったようにも思えます。

 「自分は安全運転しているし、自転車は車やバイクよりも悪くなりにくいから大丈夫」

そんなふうに思ってる方もいまだにおられるようですが、安全運転していると思って
いるけど、信号のない交差点で「止まれ」の標識や表示があったら一旦停止してますか?
(信号のある交差点で赤信号でも進んでいく自転車をよく見かけます)

必ず道路の左側を走ってますか?

雨の日に傘をさしてたり、スマホをいじりながら運転してるなんて万一事故をした場合には
もってのほかですよ。

自転車側も過失割合が通常よりも悪くなります。

加害者側、被害者側の違いはあれど、事故を起こすと相手方との示談交渉や
賠償などが発生してきます。
今までの高額な例としては、小学生が自転車で坂道を下っているときに女性と
衝突し、被害者が寝たきりになって約9500万円の賠償を請求された事例があります)

yjimage.jpg


そんな時には保険に入っていると安心です。

生命保険などにも付けられると思いますが、ここでは損害保険代理店の立場から
損保会社が取り扱っている保険で説明します。
(うちは三井住友海上の代理店のため、基本的に三井住友海上の保険で説明します)

自転車事故をカバーする保険としては、

 ①自動車保険に日常生活賠償特約をつける

 ②傷害保険に日常生活賠償特約をつける

 ③自転車利用者向け保険「ネットde保険@さいくる」


などがあります。

ここで各補償の主な特徴を紹介します。
 ①自動車保険に日常生活賠償特約をつける場合
    相手にけがをさせてしまった場合や、「もの」に損害を与えてしまった場合、
    無制限で補償
されます。
    示談交渉サービスもついています。
    ただし、自分側のケガ等の補償はありません。
    ご家族みんなが対象になります。
 ②傷害保険に日常生活賠償特約をつけるつける場合
    相手にけがをさせてしまった場合や、「もの」に損害を与えてしまった場合、
    1億円を限度として補償されます。
    示談交渉サービスもついています。
    傷害保険がベースにあるので自分のケガの補償もついてます。
    本人型・夫婦型・家族型に分かれていて、金額が変わります。
 ③自転車利用者向け保険「ネットde保険@さいくる」に加入する場合
    相手にけがをさせてしまった場合や、「もの」に損害を与えてしまった場合、
    1億円を限度として補償されます。
   示談交渉サービスもついています。
    傷害保険がベースにあるので自分のケガの補償もついてます。
    本人型・夫婦型・家族型に分かれていて、金額が変わります。
    ※ネット専用保険なので、ネットでご自分で申し込んでクレジットカード払いに
    なります


保険料はそれぞれ違います。

既に入っている方は大丈夫ですが、まだ入ってない方は、あなたのおかれている環境にあった
保険に入ることを考えてみてはいかがですか?

いま入っている自動車保険や生命保険の担当の方に相談してみてください^_^
スポンサーサイト

9月にツーリング行きます!♪

毎日暑い日が続いたと思ったらしっかりした雨が降り続いたりですが、
どれもこれも自然のできごとで、自然界には必要なことで、嫌がっても
仕方ないので受け入れて参りましょう!

さて本題ですが、暑い夏が終わるころ、9月の23日(秋分の日)に、日帰り
ツーリング
に行こうと思います♪

今のところ場所は三重県の青山高原あたりで考えてます。
(それより適当で、楽しそうなところが見つかれば変更する可能性もあり)
89e8b6bc9fa5044ea9a5bd64bba24f0a.jpg

9月23日(秋分の日)と言えばお彼岸。
「暑さ寒さも彼岸まで」といいますが、まだ暑さの残っているとき、青山高原は
標高700~800mの高原で、夏の避暑地としても有名なところ
なんで、一足
早く秋を感じられて、おまけに涼めて気分もリフレッシュできるかなと考え、この
場所にしようと思います^^
(あくまで今のところの考えですが・・・)

前回ゴールデンウィークのツーリングは近距離(ビギナー)チームと遠距離
チームに分けて行ったんですが、今回は目的地は1か所にして、チームを
「ゆったり走りたい」チームと「そこそこのペースで走りたい」チーム
に分けようと
思います。

アメリカンに乗っている人や、「早く走るのはしんどい」と思う人は「ゆったり走りたい」
チームで、「そこそこのペースで走りたい」と思っている人は「そこそこのペースで走り
たい」チームで行ってもらえたらと思います。
(読んで字のごとくなんでこの段落の説明はいらんか^^;)

もちろんそれぞれのチームに当店スタッフがつきますんで安心してください◎

今のところ考えてるのはそんなところです。
また詳しく決まってきたらこのブログや当店フェイスブックページツイッター
案内します。

この日は予定を空けといてくださいね!
参加はこのブログにコメントを書き込んでもらってもいいですし、ツイッターや
フェイスブックページで連絡していただいてもいいですよ^^

あっ!そうそうっ!

ついでにうちのフェイスブックページに「いいね」ツイッターを「フォロー」して
くださいね


原付の中古車、高いけど売れてます



うちの中古車はバイクショップ全体の平均から考えると高いと思うんですよね。
50ccや125ccの原付1種、2種も同じ。

50ccのスクーターは3万円ぐらいから売ってる店もあって、自賠責1年と
諸費用込みでも5万円ぐらいで買えちゃうものもある。

うちは基本的に最低でも税込車両価格が7万円ぐらいから上のものしか
ありません。
自賠責1年と諸費用が入るとざっと9万円ぐらいから。

もちろん人気のビーノなんかだともっと高いです。

でも特に最近よく売れてます。
(別に自慢してるわけじゃありませんよ^^;)

うちの考え方は「せっかく買ってもらうんだから、永く、気持ちよく乗ってもらおう
が基本になってます。

「買った後ですぐに具合が悪くなって修理し、予定外の出費になった」なんて
余計にショックですよね。

そうならないために高いもの(=すぐに悪くならず、永く乗れるもの)を置くようにしてます。

別に安いものを否定しているわけではありません。

ただ、安いものは何か理由があるから安いんです。

 消耗品(のどれか。タイヤ・ブレーキ他)がすぐにダメになる。
 年式が古く、ゴム系のパーツがダメになってたり、ベアリングやワイヤー類などが
 傷んでいる。
 車体(の骨組み)が曲がっている・・・等々
以上のようなことは、「外装パーツが割れている」とか、「メッキ部分が錆びている」と
いうことよりも重要です。

よく、「自転車代わりに乗るから安いものでいいねん」とか「通勤で乗るだけやから
走ったらいい」と言う方がおられます。
原付でもスピードにすると50~60キロぐらいでることも考えましょう。

安いものを買って故障もせず乗れたらいいとは思います。
でも実際は故障する率がとっても高いです。


買って2カ月で故障して修理代に2万円かかったり、通勤の途中で走れなくなって遅刻したら、
ほとんどの人がきっと後悔します。

「はじめからいいのを買っとけばよかった」

安いものを買う人は、買った後もこまめに点検・整備や消耗品の交換に気を使われることを
お奨めします。
(そのためには自分できちんと点検・整備をするか、ショップに依頼するかです。この部分を
考えてない人が多いように思います


まとめると、
「買った後しばらくは何も考えずに安心して乗りたい」人は程度のいい(おおざっぱに
言えば高い)中古車を買われた方が長い目で見るといいと思います。
「自分で整備するのが好き、趣味としていじりたい」人は安いものでもいいと思います。


ごくまれに安くてもいいものがあるかも知れませんが25年ほどの私のバイク屋人生の
中でほとんど見たことがありません。

どっちを選ぶかはご自分で決めてくださいね◎

知ってました?MAC-MRD製スリップオンマフラー「M.DRAG」

先日、お客さんのBOLT(ボルト)にMAC-MRD製スリップオンマフラーをつけたのでご紹介します。

DSC_0003.jpgDSC_0001.jpg

名前は「M.DRAG」。
色はノーマルマフラーのイメージを踏襲したマットブラック。
熱対策でノーマルのヒートガードも付けるようになっている。これはとってもグッド。
ノーマルに比べて全域にわたってさらに力強くなり、それでいて高速域では静かになってライダーを
疲れさせないように味付けされてます。
このあたりの作り込みは、さすがMACさん。

もちろん車検対応だから、信号待ちで横に白バイが並んでも大丈夫(^_^)b
それでいて低音の効いた音なんで、アクセルを開けるたびに「にんまり」ニヤケテしまいます。

これをつけたKさんも、「もっと早くつけとけばよかった」といい意味での後悔をされてました^^

IMG_0966.jpg

このKさんは自分一人でツーリングに行くのは当然、奥様と子どもさんを一人づつ、その日その日で
後に乗せてツーリングを楽しむご家族思いのライダー。

マフラーを換えてからの感想は、「とにかくええわ~」とBOLTとMACのマフラーに酔いしれて
おられました◎
こちらとしてもご本人はもとより、ご家族の方も喜んでもらえるなんて嬉しい限りです。
値打ちあります。

これからも「BOLT」ライフを楽しんでください。
当店もできる限り応援しますよ^o^/~

[広告] VPS

XJ6とMTシリーズ、FZ8。。。

DSC_0009.jpg

本日XJ6が売れました。

最近、MTシリーズの陰に隠れて地味な存在になっていたXJ6シリーズですが、
お客様と話をしていて僕自身も再確認したことがあったので、書き込みます。

MTシリーズは全世界でも今や飛ぶ鳥を落とす勢いの、誰もが知ってる売れ筋モデル。
ほうっておいても売れ、メーカーにも在庫が常に不足気味(と言ったら言い過ぎか・・・)。

ただ、ここで考えてほしいんです。
果たして人気だけで選んでいいのでしょうか?

バイクに乗る目的や趣味・趣向、乗り手の性格など、いろんな部分で人それぞれ違い
ます。
ツーリングに行くといっても、スポーティでアグレッシブな走りのツーリングなのか、
のんびり流れに任せて走るツーリングなのか。

そういった使い方によって、乗っていて楽しいバイクは当然違ってきます。

バイクを積極的に操り、振り回すような走りをする方は、MTシリーズやFZ8は楽しい
です(ここでは中間排気量の車種に絞って考えます)。
その中でも2気筒、3気筒のMTシリーズは低回転から地面を蹴るような加速感が
味わえ、4気筒のFZ8はなめらかな力強さですばやいエンジン回転の上昇と共に
加速していきます。

一方、通常はある程度バイクに任せて流すようなツーリングを楽しみ、ワインディングでは
それなりのスポーティなコーナーリングを楽しむといった方にはXJ6シリーズはピッタリです
(もちろん速く走ろうと思えば走れちゃいます◎)

ポジションに関しても、MTシリーズや、FZ8はシート高が805mm~845mmで腰高(バイ
クを積極的に操るならこれがいい)なのに対し、XJ6シリーズは785mmと低く、またがった
感じは腰高感がなく、シートに体重を預けやすい感じ。

要は購入を検討するときに、人気で選ぶのかスペックで選ぶのか自分の使い方で選ぶのか・・・
優先順位をきっちり決めて選ぶと納得のいくバイクが見つかります

そんなバイクに乗れると、愛車と長く、いいお付き合いができますよ^^
楽しいバイクライフを送ってください♪




YZF-R25にマフラーとレーシングスライダーをつけました

こないだ、お客さんのYZF-R25にSP忠男のフルエキゾーストマフラー「PURE SPORT Megahon」とオーバーレーシングのレーシングスライダーを取り付けたので紹介します。

まずはサイドカウルをはずし、マフラーの後ろ半分、サイレンサー部をはずします。
IMG_0888-1.jpg

次に前半分、エキパイをはずします。
IMG_0889-1.jpg

ノーマルマフラーをはずした図。
IMG_0890-1.jpg

そしてSP忠男のピュアスポーツメガホンをつけて行きます。
まずはエキパイから。。
IMG_0891-1.jpg IMG_0892-1.jpg
ノーマルのツヤ消しブラックからきれいなステンレスのカラーに変わります。

これが金管楽器みたいなサイレンサー部。
IMG_0893-1.jpg

サイレンサーをつけました♪
IMG_0894-1.jpg IMG_0895-1.jpg

動画をYoutubeにアップしましたので、見て、聴いて下さいね
https://youtu.be/t7JWbYbOCmE
IMG_0896-1.jpg



                              



サイドカウルをはずしたついでにオーバーレーシングのレーシングスライダーを取り付けます。
まずは左側から。
IMG_0897-1.jpg

次に右側。
IMG_0898-1.jpg

ベースのブラケット部はアルミの削り出しで高級感と剛性があり、とってもグッド
IMG_0899-1.jpg

カウルを元通りに戻すとこんな感じ。
IMG_0900-1.jpgIMG_0901-1.jpg

IMG_0902-1.jpg

すっきり収まって、まとまってます◎
マフラーとレーシングスライダーでR25もさらにスポーティに変貌し、見てても走っても雰囲気満点で、「その気」にさせます








プロフィール

YSP門真

Author:YSP門真
YSP門真 専務取締役 犬村 真
1964年、大阪府大東市生まれ。
V-MAXから最近BOLT-Rに乗り替えた。
自称バイクライフコーディネーター

カレンダー

06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード