ヘルメットの話・・・

DSC_0303_convert_20150616153633.jpg

YSP門真の犬村です。

今日はヘルメットを買いたいが何を基準に決めたらいいかわからない人のために、ヘルメットの形による大まかな特徴を紹介します^^
(以下にご紹介するもの以外の形やデザインのものもありますが、単純明快にさせるため、今回は割愛させていただきます)

IMG_0760.jpg

まずは半キャップタイプ(写真のものはオワン型ともいいます)。
これは安全面を考慮して125CC以下とされています。

重量も軽く、気軽にかぶれる反面、顔面や後頭部を保護できないといったデメリットがあります。
頭の上に乗せるようにかぶるため、万一の転倒時にはずれやすいといったことも考えられます。

IMG_0762.jpgIMG_0761.jpg

次にジェットタイプ。
半キャップ対応に比べて後頭部を保護し、顔の部分にシールドを備えたものも多いです。
気軽さとある程度の安全性を両立させた形だと言えますが、アゴの部分は保護しません。
シールド付のものはほとんどのものがUVカットになっています。

上の左側(のヘルメット)は機能性を重視したタイプ。内装が外して洗えたり、ベンチレーション(空気の流入・排出ダクト)がついていてヘルメット内部が蒸れにくいようになってます。
シールドも帽体との段差を少なくしてあり、風切り音を抑えています。

右側は機能性をある程度犠牲にして、ファッション性を重視したタイプ。
バブルシールド(泡みたいにもこっと盛り上がった形のシールド)がついて帽体自体は小さめに作られています。

IMG_0765.jpg

フルフェイスタイプ。
上記2タイプのヘルメットと比べて脱ぎ被りはしにくいですが、後頭部やあごの部分まで覆われていて、安全面で一番有利なデザインです。
ベンチレーションがついていて蒸れにくくされていたり、内装が外して洗え、清潔に使えるようにしているものも多いです。

IMG_0763.jpgIMG_0764.jpg

システムヘルメット。
一見、フルフェイスの形だが、アゴの部分(チンガード)からガバっと開けることができるので、脱ぎ被りはジェットヘルと同じ感覚でできる。
フルフェイスヘルほどではないが、チンガードが装備されているので、顔面もある程度は保護される。
構造が複雑なため、重量は一番重くなりがち。
もちろんシールド部分だけでも開閉はできます。
ベンチレーション・洗える着脱内装もあり。

私個人的には、以前は普段使いはジェットタイプ、ツーリングはフルフェイスタイプにしてましたが、最近は普段使いはシステムヘルメット、ツーリングはフルフェイスタイプとしています。

かなりおおざっぱですが、ご参考まで・・・



スポンサーサイト

オイル交換は定期的にしよう!

最近、フェイスブック(https://www.facebook.com/ysp.kadoma)やツイッター(https://twitter.com/KadomaYsp)で、日頃からバイク(原付も含めて)のメンテナンスに関してのつぶやきをアップしてますが、エンジンからかなり大きな異音がして、エンジンがかからないと昨日入庫した原付の状況を報告します。

この車両はエンジンオイル交換(だけでなく他のメンテも)を当分の間しておらず、エンジンがかからなくなったと持ち主の方から引上げ依頼がありました。

引き上げて来た時にはすでに想像がついていたんですが、エンジンオイルの劣化により、やはりエンジンが焼けていました。
エンジンオイルはかなり黒ずんで、その割にはシャバシャバで粘度が落ち、こげたようなにおいになっていて、一目瞭然で劣化が進んでいることがわかります。

シリンダーを分解すると、ピストンが砕けていました。

IMG_0742.jpgIMG_0743.jpg

シリンダー内壁も傷がつき、さらに砕けたピストンの破片がクランクケース内部に回り、エンジン内部全体がかなり悪い状態になってます。

IMG_0746.jpgIMG_0744.jpg

IMG_0747.jpgIMG_0748.jpg

こうなると修理代はかなりのものになります。

そうなる前にこまめなオイル交換や、その他のメンテナンスをしっかりして、気持ちよく乗りましょう!
その方が安心して乗れますし、長持ちもしますよ。


ブログよりもこまめに書き込みしています。
メンテナンスや安全運転に関すること、たまにツーリングの画像なんかをアップしてます。
ぜひフォローしてくださいね^^
YSP門真フェイスブックhttps://www.facebook.com/ysp.kadoma
YSP門真ツイッターhttps://twitter.com/KadomaYsp

自転車から原付にもどるときがやって来た!?

6月1日から自転車の規制が厳しくなって、自転車に乗りにくくなったね(^_^;

特に昨日の大阪みたいにしっかりと雨が降ると、今まで傘をさして自転車に乗っていた人はどうしていいかわからなくなった人も多いんじゃないかな
うちの嫁なんかも近所の奥さん達と話をしてたら、買い物に出かけようと思って自転車に乗りかけたけど、どうやって乗ったらいいかわからないから、歩いて買い物に行ったという笑えない話もあったらしい

これならいっそのことメットインスペースに荷物を積めて、ヘルメットとレインウェアで雨からガードできる原付の方が走りやすいと思うのは僕だけ?


IMG_0668.jpgIMG_0669.jpgIMG_0670.jpg


ヘルメットもシールド付なら顔も濡れずに、女性の方ならお化粧も気にしなくていいし、今のヘルメットのシールドはUVカットになってるから日焼けもしにくい
レインウェアだって頭から被るだけのポンチョやレインコート風のものなら気軽に着ることもできるしね。
スクータータイプなら走っている間は足元も前のカバー(レッグシールド)で隠れるので自転車よりも濡れにくいし。

原付2種(51cc~125ccまでのバイクやスクーター)なら二人乗りもできるからお子さんも一人なら乗せることができるし。

結構いいことづくめだと思う◎

自転車の規制はわかりづらくて、誰もきちんとしたことは知らないでしょ?
バイクの方が法律もわかりやすくて何がよくてなにがだめなのかはっきりしてるし・・・

要は安全に乗ればバイクやスクーターは便利な乗り物だということ^o^/

プロフィール

YSP門真

Author:YSP門真
YSP門真 専務取締役 犬村 真
1964年、大阪府大東市生まれ。
V-MAXから最近BOLT-Rに乗り替えた。
自称バイクライフコーディネーター

カレンダー

05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード