ひまな人だけ読んでね^^ 自分のバイク歴(気ままに連載 その10)

このシリーズ、まさに1年と7か月ぶりぐらいに書きます(笑)
前回はXVZ1300ロイヤルスターに乗っていて、気持ちよく走ってる時に、前カゴを着けた原付に乗ったオバちゃんに抜かれて、いやになってしまい、売ってしまったというところで終わってたと思います。

あなたのバイクライフをコーディネートします!
バイクライフコーディネーターの犬村 真です。

ロイヤルスターを売った後、しばらくは欲しいバイクがなくて何に乗ろうかと悩んでいた時期がありました。
で、下取りで入ってきたSR400に乗ってたことがあります。

そこでSRの気持ちよさに目覚めて、本格的にSRをカスタムして乗ろうと思い、1992年物の中古(フロントがドラムブレーキで型式3GW3)のSR500を手に入れてカスタムをし始めました。
SRはそのままでも楽しいバイクですが、カスタムすると全然別のバイクに変貌します。
それを自分でも試してみたかったんです。

カスタムのスタイルとしてはいろいろ悩んだ末に、トラッカースタイルにすることに決定。
バッテリーをはずし、サイドカバーをはずして、いわゆるスカチューンをし、前後フェンダーをアルミの小ぶりなものに換え、ハンドルはアップハンドルに。
シートは小ぶりで薄っぺらいフラットシートに換えて、タンクはホワイトと、パープル系の「マジョーラ」という見る角度によって色合いが変化するペイントを施した。
エンジンをいじると神経質になりすぎるのでエンジンはいじらずに、キャブはミクニのTMRキャブに換えました。
当時高性能キャブではケイヒンのFCRが定番だったんですが、TMRの方がボディが丸みを帯びていてSRに似合うと思ったんですね。
tmr.jpg
画像はACTIVEさんのホームページより

そしてマフラーはスーパートラップのメガホンフルエキゾースト。
キャブとマフラーを換えるとバイクの性格がガラッと変わり、
SRってもともとはアクセルを開けてもワンテンポ遅れて加速するイメージですが、アクセルを開けるとすぐにバイクが反応してくれるようになり、キビキビと走れるようになりました。

それに伴い、足回りやブレーキを強化。
前後のサスを換え、フロントはワイズギヤが出していたディスクブレーキキットに換えました。

スリムで小ぶりなボディにキビキビ走れるカスタムを施したSR500は乗っていてとっても楽しかったです。
今と違って写真をほとんど撮る習慣がなかったので(笑)、その時の画像がないのが悔やまれます。

・・・ってここまで書いて、倉庫の2階にタンクは置いてたのと違うかなと思いだし、
倉庫に行って2階を探してみると、、、
ありましたっ!ホワイトとマジョーラに塗られたSRのタンク。
IMG_1826.jpg
IMG_1827.jpg
タンクの側面が角度によってパープルからゴールドに変わってるでしょ!?

いやー懐かしい。

これがSR500改についてたんです。

おそらく1998年ごろだったと思いますが、こんなSRにも乗ってたということです。

スポンサーサイト

プロフィール

YSP門真

Author:YSP門真
大阪府守口市にあるヤマハディーラー YSP門真のスタッフブログです

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード